fael
 
大人が爪を切るように当然赤ちゃんもしっかりと爪を切ってあげる必要があります。
 
 
自分の爪は伸びていればすぐにわかりますが、赤ちゃんの爪というのは知らない間に伸びてしまっていることも多いんです。

このページでは赤ちゃんに爪に関する様々な悩みを紹介していますので、しっかり解決しましょう。
 
 
 

赤ちゃんの爪はしっかり切ろう!

赤ちゃんはとっても新陳代謝が活発なため、体がどんどん作り変えられていきます。

ですから汗もたくさんかきますし、皮膚などもどんどんかわっていくわけですね。
 
 
これは爪にもいえるわけで、どんどん新しいものが生えてきます。
そのため大人がおもっているよりもすぐに長くなってしまうんです。

爪のチェックは2~3日ごとには行うようにしてください
 
 
 

爪が肌を傷つける

berre
 
爪というのは硬いですから、その爪で柔らかい肌をひっかけば傷ができてしまいます。

特に赤ちゃんは皮膚がとっても弱いため大人からしたら『ちょっとかいてる』くらいの認識でも傷になることがあるんです。
 
 
また乾燥やあせもなどによって赤ちゃんがかゆみを感じてしまっている場合、当然赤ちゃんはかゆければかいてしまいます。

その結果血がでるまでかいてしまい、大きな傷をつくってしまうんです。
 
 
赤ちゃんにとっても痛いでしょうし、この傷から感染症になってしまうということもありますので気をつけなければなりません。
 
 
 

赤ちゃんの爪の切り方

eaaa
 
赤ちゃんの爪は専用の小さい爪きりがありますのでそれで行うことをおすすめします。
 
 
切る爪の指だけを出し、それを以外の指はお母さんの手で包んであげると切りやすいはずです。

切る際は1本を1回で切るというわけではなく、一つの爪ごとに4~5回くらいに分けて少しずつ切っていくようにしてください。
 
 
またしっかりと切ろうとして深爪気味になってしまう赤ちゃんも多いので、出来るだけ深爪は避けるようにするため白い部分がちょっとだけ残るように切っていくのをおすすめします。

当然、角が残らないように切ってあげてくださいね。
 
 
 
 
 

赤ちゃんの爪の悩み

どれくらいの頻度で切る?

赤ちゃんは爪が伸びるのが早いためチェックは2~3日後とにおこないましょう。

伸びるスピードは当然個人差がありますから○○日で切ってくださいとはいえませんが、しっかりとチェックして伸びているようならばすぐに切ってあげるようにしてください。
  
  

爪が割れてる!

爪が割れるって大人からしたらそうそうないことですから心配になってしまいますが、実は結構起こりやすいことでもあるんです。
 
赤ちゃんは大人に比べて様々なところがしっかりと発達していません。

爪も大人に比べて薄いため割れやすいんです。
 
 
ただ、割れてしまった状態の爪をそのまま放置しておくというのもあまりいいことではありません。
その割れたところがどこかに引っかかればさらにひどくなってしまうかもしれないですからね。

割れたところは切って上げたり、つめやすりで削ったりしてケアしてあげましょう。

爪の端が尖っていると割れやすくなるようですので丸く切ることを心がけてください。
 
 
 

赤ちゃんが爪きりを嫌がる

赤ちゃんによっては結構爪を切ることを嫌がってしまう子も少なくありません。

嫌がってしまっては、安定して爪を切ることも難しくなりますよね。
 
 
なのでまずは赤ちゃんを落ち着かせましょう。

赤ちゃんをだっこしたりしてちょっと遊べば赤ちゃんも落ち着くでしょうし、爪を切るほうではない方の手におもちゃを持たせてあげるという方法もあります。
赤ちゃんがそっちに気を取られているうちに切ってしまいましょう。
 
もしそれでもダメというようならば、お昼寝中などの寝ているときにささっと切ってしまうことをおすすめします。
 

 

ミトンをつけた方がいい?

赤ちゃんが引っかいたりするのを防ぐためにミトンを使うという方法があります。

確かに人によってはミトンを使うのも効果的かもしれませんが、基本的にはいらないでしょう。

きちんと爪をきってあげれば爪による引っかき傷は対策することができます。
 
 
ミトンで赤ちゃんの手をふさいでしなうと指の動きを制限してしまいますし、体温調整などにもよくない影響がでることがありますからミトンはつかわなくてOKです。
 
 
 

赤ちゃんの爪がはがれた!

爪がはがれるのは当然いいことではありません。

なにかしらの原因で爪がはがれてしまったら対策しなくてはいけませんよね。
 
 
爪がはがれたときにそのままバンドエイドなどでくっつけておけばいいんじゃないかという人もいますが、爪は一度はがれたらくっつくということはありません。

応急処置としてそうするのはいいのですが、はやめに病院につれていってあげることをおすすめします。
  
  
 

おすすめの関連記事

赤ちゃんのかゆみを和らげる方法
爪を切るのはもちろんですが、その他のかゆみを和らげる方法もおこなってみてください。

赤ちゃんのお腹の湿疹が!原因と対策はこちら
赤ちゃんのお腹に湿疹があると赤ちゃんがかいてしまいやすいです

赤ちゃんのほっぺがかさかさしたときの対策
爪のケアもそうですが、ほっぺのかさかさもケアしてあげましょう。