zva
 
ステロイド・・・
正直いって使うのが恐いとおもっている方も多いとおもいます。
 
 
『ステロイドを使うと副作用が起こるから使わないほうがいいよ~』
というのはネット上でも結構いわれていますし、親や家族などからも言われたという人も多いと思います。
 
 
 

そもそもステロイドってなに?

vavae
 
ステロイドというのは皮膚の炎症を抑えるために使われる薬になります。

塗るとすぐに炎症が押さえることができますのでアトピー性皮膚炎をはじめ酷い乳児湿疹やかきこわしなどにもつかわれているんです。
 
 
『ステロイドは炎症を抑える薬』というのが結構重要なところで、ステロイドを使うことによってすぐに治るということではないんです。

使うと一気に赤みなどがなくなりますので、お母さんとしては治ったとおもってしまうわけですが、実際完璧に治っているということではありません。
 
ですのでそこでステロイドを使うのを辞めてしまうとすぐにまた症状がおこってしまいます。

ステロイドというのは塗ればすぐによくなるということではなく、継続して使う必要があります。
 
 
 

ステロイドで起こる副作用

feazv
 
ステロイドの何が恐いってこの副作用ですよね。

副作用があるから危ないということで、医者から処方されたけどもしぶっているという方も多いでしょう。
 
 
ステロイドの副作用としていわれるのが

  • 肌が薄くなり、弱くなる
  • 肌が分厚く黒くなる
  • ステロイドの性でアトピーが悪化した

などですね。
確かにこういった副作用がおこってしまうことを考えたら怖くてステロイドなんかつかえません。

でも本当にこのような副作用がおきてしまうほどにステロイドというのは危ないものなのでしょうか?
 
 
 

副作用は医師の指示に従えば大丈夫

vzefffff
 
ステロイドの副作用についてですが、実は絶対に副作用が起こってしまうわけではないんです。

もし上記のような副作用が絶対にでてしまう薬だったら普通に売られないですよね。
 
 
ステロイドを医者からもらう際、そのステロイドの使い方というのを教えられるはずです。

いつ塗ればいいのか、どのくらいの量塗って何日で使い切ればいいのかなどなどそういった説明をしっかりと聞いておき、ちゃんとその通りに使うようにしてください。
 
 
そうすることによって基本的に副作用というのをおこさずに対策することができます。

ステロイドを必要なくらい炎症を起こしてしまっているのにステロイドの使用を渋っていたら一番苦しいのは赤ちゃんですよね。
 
 
ステロイドを使うことが炎症を抑える一番の近道ですから、赤ちゃんのためを考えるのならばきちんと使ってあげるべきです。

今の状態をより酷くしたいなんて人はいないでしょうから、処方されたならばしっかりとつかいましょう。

ただ、もちろん絶対に副作用がないというわけではありません。

 
 
 

ただセカンドオピニオンは必要かも

czv
 
ステロイドは医者からもらうわけですが、ステロイドを使うかどうかというのは医者によって違います。

ある症状が出たときに医者Aはステロイドを処方してきたけども医者Bは保湿剤等しかくれなかったということがあるんです。
 
 
医者によってはすぐにステロイドを使う人、ステロイドは基本的に出さない人など結構ちがいます。

正直いってステロイドが必要ないような炎症にもステロイドを処方する医者もいますので、病院で見てもらう際は一人の医者だけでなく、他の病院でも見てもらうことをおすすめします。
 
 
これをセカンドオピニオンというのですが、これはステロイド関係だけではありません。

誤診をしていたり、人によっては古い知識で対応していたりする医者もいるため、正直適切な対処が受けられないということもあります。
 
 
ですから二人以上の医者に見てもらうことによって、複数の意見を得られるわけですからそれらを元に判断することができるんです。

肌荒れとかだけでなくて、病気などのときにもこの方法で受診してほしいですね。
  
 
 

おすすめの関連記事

・赤ちゃんのシワ部分が赤い!その原因とケア方法
症状がひどくなればステロイドを使わなければいけなくなる場合もあります。