k3
 
赤ちゃんを育てる環境を作るうえで大切なのは、赤ちゃんがすごしやすいかどうかということです。

普段赤ちゃんがいる部屋はしっかりと管理してあげているでしょうか?
 
 
赤ちゃんは大人と違って自分自身で『あつーい』『さむーい』ということができません。
ですから親がきちんと赤ちゃんをみて室温、湿度を調整する必要があります。
 
 
もちろんそれは大人の基準ではいけませんよね。
赤ちゃんは肌が弱いためそれでは様々な問題が発生してしまいます。
 
 
 
 

赤ちゃんに最適な室温

laef
 
まず赤ちゃんに最適な室温についてですが、赤ちゃんは基本的に暑がりなんです。

ですから室温もそこまで高いものではなく、

  • 夏なら25度以下
  • 冬なら22度前後

にすることをおすすめします。
 
 
大人からしたらちょっと寒そうにも思えますが、体温が高い赤ちゃんにとってはこれくらいがちょうどいいんです。
 
 
冬はエアコンを使って調整するとはおもいますが、空気というのはあったかいと上に行く性質があり、上があったかい空気、下が冷たい空気という様になってしまいます。
  
赤ちゃんは基本的に床に近いところにいる場合が多いですからエアコンの風の向きだったり、扇風機を使うなどして空気を入れ替えましょう。
ちなみに暖房だけでなく冷房も同じです。
 
 
 

室温が高すぎて起こること

aea
 
『赤ちゃんが寒そう!』
『もっとあったかくしてあげなきゃ!』
とおもったり、
『冷房の推奨気温は28度だからそれで良いや』
といって温度を適当にしてしまうと、体温が高い赤ちゃんにとっては暑すぎてしまうんです。

その結果汗をかいてしまい、あせもにつながってしまうわけですね。
 
 
汗をかいてしまっている時点でそれは赤ちゃんにとって暑すぎるということになります。
あせもはかゆみがある湿疹ですので赤ちゃんにとっても辛いですし、かきこわしてしまうおそれもあるんです。
 
 
夏の夜も室温が25度以下にならないようならばエアコンをつかってあげましょう。
⇒赤ちゃんとエアコンについて

夏の夜って結構汗をかいてしまいますからね・・・朝起きたらあせもだらけ!なんてことにならないようにしたいですね。
 
 
また赤ちゃんを温めすぎると乳幼児突然死症候群という突然死の原因にもなるみたいですのでしっかりと調整する必要があります。
 
 
 

室温が低すぎて起こること

もちろん暑がりだからといってあまりにも室温を下げすぎてしまうこともよくありません。

大人にとってもそうですが冷えは万病の元といわれていますからね。
 
 
冷やしすぎるというのは体に悪いんです。

もちろん風邪などの原因にもなりますから暑すぎず、寒すぎずの適温をつくるようにしてください。
 
  
 
 

赤ちゃんに最適な湿度

a
 
大事なのは室温だけではありません。

湿度も当然重要になってきます。
 
 
湿度に関してはやはり大人も影響を受けることが多いですから結構気にされている方も多いでしょう。

湿度は一年中を通して50%~60%に保つようにしてください。
 
 
加湿器などを使えるのがいいのですが、加湿器がなくても服やタオルなどを部屋干ししたり、床を水拭きすることで湿度をあげることができます。

最近はプラズマクラスターなど空気清浄機がついている加湿器もありますから、できれば購入を考えてみてはいかがでしょうか?
 
 
 

湿度が低すぎて起こること

efa
 
湿度が低すぎることによって起こることといえば乾燥です。

この乾燥が非常に大敵で、赤ちゃんの肌が弱ってしまうのはほとんどこの乾燥によって肌の潤いが奪われてしまっているせいになります。
 
 
肌は潤いを失うとバリア機能が働かなくなり、外からのダメージに弱くなってしまうんです。
⇒皮膚の役割と肌荒れ等が起こる原因について

赤ちゃんは生まれてからすぐに乾燥がおきてしまいます。
ですから生後すぐに保湿が必要なんです。
 
保湿剤を使うというのは当たり前のことではあるのですが、肌を守るためにも部屋の湿度もしっかりとキープするようにしましょう。
エアコンを使うとやはり乾燥しやすいですからね・・・。
  
 
 

湿度が高すぎて起こること

lkdsfj
 
赤ちゃんは乾燥に弱い!といってもやたらめったら湿度を上げすぎるというのも考え物です。

というのも湿度を上げすぎてしまうと、カビが増えやすくなってしまいますので、衣服などだけでなく部屋の中にもカビがふえますのでよくありません。
 
 
カビによってアレルギー反応をおこしてしまうこともありますし、様々な病気の原因になったりすることがあります。

湿度が80%とになると一気に繁殖していくようですので気をつける必要があります。
 
 
ちなみにエアコンをしっかりと掃除していないと、エアコンの中で繁殖したカビが風に乗って部屋中にばらまかれてしまう可能性もありますで、しっかりと掃除するようにしてください。
 
 
またカビ以外にも湿度を上げすぎることによってダニの繁殖を促してしまいます。

赤ちゃんのお布団のダニに悩まされている方は結構多いですから、布団を干したり、掃除機をかける、ダニ取りシート等を使うなどしてダニをしっかりと取ってあげる必要もあります。
 
 
湿度は乾燥を防ぐために重要なことではありますが、きちんと調整するようにしてください。
 
 
 

関連記事はこちら

赤ちゃんをお風呂に入れたら赤いポツポツが出来たときはこちら
部屋の温度だけでなく、お風呂の温度というのも大切になります。