flae
 
赤ちゃんと一緒にお散歩だったり外出するときに一番気になるのがやっぱり紫外線ですよね。

男性はそんなに気にしないという方が多いですが、女性ならばやはりシミとかをつくらないようにケアをして出かけるという方も多いのではないでしょうか?
 
 
女性よりも赤ちゃんの皮膚というのは弱いわけですから当然きちんと対策してあげる必要があります。
 
 
 

紫外線による影響

紫外線というのは体に悪影響を及ぼしてしまう場合が多いんです。

皮膚癌になる確率をあげたり、保湿機能を低下させてしまう原因にもなります。
 
 
ただもちろん何も悪い影響だけがあるわけではありません。

紫外線をうけることにより、ストレスを解消したり殺菌効果等もあるんです。
紫外線を受けすぎるのもダメだし、受けなさすぎるのもダメということですね。
  
 
 

赤ちゃんの日焼け問題

xxxl
 
赤ちゃんが日焼けをすると免疫機能に問題が発生し感染症等にかかりやすくなってしまいます。
 
おそらく多くの方が日焼けを経験したことがあるとおもいますので、その辛さというのがわかると思います。

皮膚が痛くなり結構普通に生活をしていても支障をきたすレベルの場合もありますよね。
 
 
その日焼けがあまりにも酷いと水ぶくれや発疹、発熱などをひきおこしてしまうわけです。
 
 
たかが日焼けとおもわれるかもしれませんが紫外線というのは赤ちゃんにとって結構強いものになりますし、皮膚がん等のを避けることも考えたらしっかりと対策をしておいたほうがいいでしょう。
赤ちゃんのベビーカーで気をつけることは?
 
 
 
 

赤ちゃんの紫外線対策

fjae
 
紫外線の対策方法ですが、基本的に紫外線が強い時間帯にはあまり外にでないことです。

夏場ですと10時~14時くらいまでというのは一番紫外線が強い時間帯ですのでその時間に外出をすれば当然紫外線の影響は強くなってしまいます。
ですから出かけるときはその時間帯を避けるようにしてください。
 
 
また帽子をかぶせるというのも一つの効果的な紫外線対策ですね。
 
でもやはりそれだけでは当然紫外線をカバーすることはできません。

きちんと紫外線を対策したいのならば日焼け止めをつかうようにしてください。

 
 
 

日焼け止めをつかいましょう

dae
 
肌のことを考えると赤ちゃんに日焼け止めはつかいたくない・・・という気持ちもありますよね。

ですが、やはり日焼け止めというのはとっても大事なもので、赤ちゃんの皮膚を紫外線から守るためにはかかせません。
 
 
もちろん使う日焼け止めは選ぶ必要があります。

日焼け止めの強さというのはSPFやPAといった数値で表されることが多いのですが、この数値が高ければそれだけ紫外線をカットする力が強くなるということになります。

ただその分赤ちゃんへの悪影響のもでてきますのであまり数値が強いものは使わないようにしましょう。

目安としては

  • SPF 15~20
  • PA +

ぐらいにしてください。

 
当然成分などの表記もあるとはおもいますので、赤ちゃんの肌に使うわけですから出来るだけ低刺激なものを選ぶようにしましょう。

あとは耐水性ですね。

日焼け止めの中には水に強く解けにくいというものがあります。
 
もちろんこれもこれでプールだったり、海とかに行くときには役立つものなのですが、赤ちゃんに使う場合、肌が弱いので肌をこすることができないため水に強いものだとなかなか落ちないことがあります。
 
 
こちらのサイトでベビー用日焼け止めのおすすめが紹介されているのでぜひチェックしてみてください。
お散歩のときにも安心!赤ちゃんの日焼けケアサイト
 
価格もそこまで高くなく基本的には800円くらいで購入できますので、紫外線対策が必要なシーズンに向けて購入して置くことをおすすめします。

ただ赤ちゃん用なのにやたらSPFやPAというものが高いものがありますので、しっかりと数値を確認してから購入するようにしましょう。
 
 

日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗る場合ただそのまま塗るというわけではありません。
 
 
赤ちゃんの場合はスキンケアというか保湿剤ですが、保湿剤を塗った上から日焼け止めを塗ってあげるようにしてください。

肌の弱い赤ちゃんをしっかりと紫外線の影響から守ってあげるようにしてあげましょう。
 
 
 

こちらの記事も参考になります

赤ちゃんをの発疹が全身に出たときの対策方法
発疹が全身に出てしまったときの対策方法をチェックしておきましょう

肌の厚さが2分の1!赤ちゃんの肌が弱いって本当?
赤ちゃんの肌はとっても弱いからこそ紫外線によって大きな影響をうけてしまうんです。