kvae
 
赤ちゃんは生まれてからどんどん成長していきます。

体質などもどんどん変わりますのでやはり心配になることが多いでしょう。
 
 
もちろん良い面もあるのですが、気をつけて欲しい点もあります。

赤ちゃんの成長はうれしいことですが、普段の生活の中で肌トラブルを起こさないようその成長に見合った対策をしてあげましょう。
  
 
 

少なくなる皮脂のトラブル

fae
 
生後二ヶ月からというとやはりこれが一番分かる変化かとおもいます。

生まれてから生後二ヶ月、個人差がありますのでもう少しかかる場合もありますが、それくらいで過剰な皮脂の分泌が終わります。
 
 
生まれてから赤ちゃんのおでこ周辺にニキビみたいなものができたり、頭皮や眉毛などにかさぶたみたいのが出来ていたりしなかったでしょうか?

もし出来なかったという場合はきちんと皮脂を洗い流せていたということですからいいのですが、出来てしまっていたという方の場合は、きちんと対処できていなかったということになります。
 
 

 

生後二ヶ月からも乾燥に注意

fae
 
生後二ヶ月から多いのが頭皮や額などに起きる肌荒れです。

また、それだけではなく、頬や体全身も肌荒れが酷くなっていきます。
 
 
頬や首、体などは今までも肌荒れがおきてしまうことがあったのですが、そこにさらに頭皮や額が加わります。

つまり全身肌荒れの危険性があるということですね。
 
 
肌荒れがおきてしまう原因というのは乾燥です。

頭皮や額というのは生後二ヶ月まで皮脂がたくさんでていましたので、乾燥しなかったわけですが、二ヶ月ほどたち皮脂が出なくなったことにより乾燥してしまいます。
 
 
赤ちゃんというのはもともと皮脂を分泌する量が少なく乾燥に弱いため肌荒れを起こしやすいんです。

生後二ヶ月、全身の乾燥を対策しないといけなくなってしまいます。
  
  
 

いますぐ保湿をはじめよう

zvra
 
乾燥することによって肌荒れがおこるわけですから、きちんと保湿をしてあげることが大切です。

本来ならば、うまれてからすぐに保湿が必要なわけですが、それをあまりしていなかったという方は今すぐにでも保湿をしてあげてください。
⇒赤ちゃんの保湿はいつから?
 
 
当然頭皮や額を含めた全身を保湿してあげる必要があります。
肌荒れが起こってしまっている原因というのは、赤ちゃんの皮膚が乾燥することでバリア機能が衰えてしまい外からの攻撃を受けている状態ですから保湿をすることでそのバリア機能を正常に戻すことができるんです。
 
 
二ヶ月までは保湿をしなくてもよかったかもしれません。
(本来なら必要ですが・・・)
 
 
ですがこれからは皮脂が出ない代わりにキチン保湿をしないと肌荒れが発生したり、ひどくなってしまうことがあります。

ちなみに乾燥するのは冬だけじゃなくて夏も乾燥によって肌荒れをおこすので注意してください。
 
 
もちろんまだ生後二ヶ月だと赤ちゃんによっては皮脂が原因の
可能性もありますので、皮脂が出ているでていない関係なくしっかりと沐浴時にあらってあげましょう。
   
  
生後2ヶ月からにおすすめの保湿剤はこちらで紹介しています。
赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキング!
 
 
 

こちらの記事もおすすめです

赤ちゃんに使う保湿剤の選び方
赤ちゃんに使う製品なわけですからきちんとえらんであげましょう。