aefa
 
赤ちゃんに何を着せるのか。

これって実は結構大事なことになってきます。

大人ならば自分で好きなような服を選ぶことができます。
自分の気持ちだったり、その日の天候気温だったりで好きな服装をすることができますが、赤ちゃんはそんなことできませんよね。
 
 
ですからきちんと親がその時期にあった正しい服装をさせてあげる必要があるんです。
 
 
 

赤ちゃんの服装の基本

まず赤ちゃんは基本的に暑がりという特徴があります。

代謝が高く体温調節がうまくできないので、体温が高くすぐに汗をかいてしまったります。

そのためあせもになる赤ちゃんがとっても多いんです。
 
 
そんな暑がりな赤ちゃんですが、服装は基本的に大人より一枚少なめということが言われています。
3ヶ月くらいまでは大人と同じ枚数でいいですが、それ以降は一枚少なくしてあげましょう。
 
 
 
 

夏の服装

kkk
 
ではまず赤ちゃんの夏の服装について解説します。
 
やはり夏というのは気温が高くなってきてしまいますので、着る服も少なくなっていきます。

部屋にいるときの服装としては、綿素材の汗を吸収してくれるTシャツのようなものがあればそれだけで充分でしょう。
 
 
一番言われるのが肌着を着せたあとに上から何かを着るということですが、二枚着たらやっぱり暑いですからね。
一枚で充分です。

もちろん汗をかいたらとりかえるようにしてください。
 
 
夏の服装としてロンパースがおすすめされることもありますが、4ヶ月を超えて首が据わっているのならばロンパースはただ厚いだけですので辞めたほうがいいですね。

上下が繋がってしまっている服って空気の逃げばがなく、赤ちゃんからしたら結構暑いわけですから、上下分かれた普通の服装をおすすめします。
室内ではエアコンなどをしっかりと使って調整しましょう。
 
 
外出時はTシャツ短パンでOKです。

もちろん汗をしっかりと吸う綿等の素材のものをつかいましょう。
紫外線対策の帽子もわすれないようにしてください。

もちろん赤ちゃん一人ひとりによって差があります。

ですからお母さんがきちんとチェックしてあげてください。

夏ならば背中などどに手を入れ汗をかいているようならば暑いということですから一枚減らしてあげるようにしましょう。
  
  
 
 

冬の服装

llawe
 
次は冬の服装です。

冬の服装で注意してほしいことは着せすぎないということですね。
前述の通り赤ちゃんはとっても暑がりなんです。
 
ですから寒いだろうと着せてしまうと汗をかく原因になってしまいます。

最近はそのせいで冬なのにもかかわらずあせもで病院に行く人がおおいそうですよ。
 
 
冬の服装は肌着を着て、その上から服を着せるようにしましょう。

冬の服というのは結構ちくちくしたりすることがありますので肌にダメージをあたえないため肌着は必要です。
肌着がない場合は長袖タイプのTシャツでもいいですね。
 
 
大人もそうですが赤ちゃんも体温がずっと一緒というわけではありませんし、外出をしたりすればその場所によって気温が変わります。

冬に外にいるのと電車の中にいるのでは全然寒さが違いますよね。
 
   
秋や春などのまだちょっと寒いくらいの時期にはカーディガンやベストなどをおすすめします。

脱ぎ着しやすいですから、気温の変化にもすぐに対応できますからね。
 
 
 
 

赤ちゃんの服装の注意点

lkll
 
赤ちゃんの服装についていくつかの注意点があるのでそれを解説しておきます。
 
 
 

服の素材に注意

赤ちゃんの皮膚というのは大人がおもうよりもデリケートです。

大人だとやはり服の見た目とかで決めていると思いますが、赤ちゃんの場合その服に使われている素材に着をつける必要があります。
 
 
服の素材がちくちくしていて肌を刺激してしまう素材だったり、すると赤ちゃんの肌を傷つけてしまいますので避けるようにしてください。

もこもこしていたりするような服やデニムなども手足とかを動かしにくいため赤ちゃんには不向きですね。
 
 
 

ごわごわになってきたら使わない

また赤ちゃんの服を何度もつかって洗いますが、なんども洗っているといくら購入当初は肌触りがよかった服でもなんども洗っていると繊維が硬くなってしまいごわごわしてきてしまいます。

そういう服を使えば当然赤ちゃんの肌をきずつけてしまうことに繋がりますからある程度使った服は捨てるor雑巾などにしてしまいましょう。
 
 
 

室内なら冬でも素足

大人は寒ければ当然靴下をはきますよね。

冬じゃなくても吐いているという人はいると思いますが、赤ちゃんの場合室内ならば素足でOKです。
 
 
手足が冷たいから着せてあげないとかわいそうとおもうかもしれませんが、赤ちゃんの手足が冷たいのは当たり前のことでむしろ靴下を履かせるほうがよくありません。
赤ちゃんは冷え性?手足が冷たいときの対処法
 
 

おすすめの関連記事はこちら

赤ちゃんのベビーカーで気をつけることは?
ベビーカーって結構蒸れやすいですからしっかりと着るものを調整しなくてはいけません

赤ちゃんは紙おむつ、布おむつどっちがいいの?
服装というと気をつけなければいけないのが、着るものだけではなくおむつもなんです。