bae
 
赤ちゃんは体温が高い!だからそんなに厚着する必要はない!

というのは結構よく聞くことですよね。
 
 
でも逆に『大人が寒いんだから当然赤ちゃんもさむいでしょ?』
と赤ちゃんに結構な厚着をさせてしまっているという人もいますよね。

そしてやっぱり気になるのは赤ちゃんの手足の冷えでしょう。
 
 
 

赤ちゃんの手足が冷たい!

 
赤ちゃんの手足を触ったらなんだか冷たい・・

親としたらやっぱりもしかして冷え性なんじゃないの!?と心配になりますよね。
 
 
冷え性ならばやはり温めるということが重要になりますからね。

女性の方で冷え性という方は多いですが、赤ちゃんの頃から冷え性になってしまうのでしょうか?
 
 
 

そもそも冷え性って?

feaee
 
冷え性というのは手足等の血行が悪い状態で起こってしまう症状で、体自体は寒さを感じていないのにやけに手とかだけが寒く感じてしまうことをいいます。
 
 
体質的に女性に発生しやすい症状で、ホルモンバランスの乱れとかストレスなどによっても発生するようです。

冷え性のせいで、むくみや肩こりなどの問題にもつながります。
 
 
寒い格好をしない、血行をよくする、食事をしっかりと取る
といった方法で対策をするのが普通のようです。
 
 
症状だけを考えるのならば、やはり手足が冷えてしまっているわけですから冷え性のようにも感じますよね。
 
 
 
 

赤ちゃんは冷え性じゃありません!

grwe
 
実はこの赤ちゃんの手足に怒ってしまっている冷えなのですが、冷え性ではないんです。

じゃあなんなの?とおもうかもしれませんが、はっきり行ってしまえばこういう体質ということになります。

なので『うちの子だけ冷え性なんじゃ・・・』とおもっている方は安心してください。
それは冷え性ではありません。
 
 
むしろもし、足が熱くなってしまっているようならばそれは熱があったり、逆に今の状態が暑すぎるということですから、改善しなくてはいけないくらいです。
 
 
 

靴下はいりません

大人ならば冷え性対策として靴下をはきますよね。

冷え性でなくても足が寒かったら当然靴下を履きます。
 
 
大人ならばこれでもいいのですが、赤ちゃんには必要ありません。
赤ちゃんは一年中素足でOKなんです。
 
というか逆に靴下を着せてしまうと赤ちゃんの熱を輩出する機能のジャマになってしまいます。

赤ちゃんは暑くなると手足などの服がないところから熱を放出しますからね。わざわざそれを妨害必要はありません。
靴下以外の服装も調整しましょう
 
 
 
 
 

赤ちゃんは体温が高い!

 

過度に厚着にはさせないで!

vara
 
赤ちゃんがなんだか寒そう、手足も冷たい・・・

靴下がダメならばせめて体はあっためてあげようということで結構厚着をさせてしまいガチですが、これも良い方法とはいえません。
 
 
赤ちゃんというのは体温が高いため大人と同じぐらい着込ませてしまと赤ちゃんにとっては暑すぎるということがほとんどになります。

暑いということはそれだけ汗をかいてしまいますから、寒い季節なのにあせもが発生してしまうんです。
 
 
昔から言われていることが赤ちゃんの服装は大人の服-1枚というものです。
赤ちゃんが自分で『お母さん暑い』とはいえません。

だからこそ今服装で赤ちゃんが快適に過ごせているのかというのをしっかりと見てあげる必要があるわけです。
背中に手を入れてみて汗をかいているみたいならばちょっと着せすぎです。
 
 
 

寒いかどうかはお腹や背中で判断

fnae
 
手足が冷えていても冷え性ではないし、それが普通ならばどうやって赤ちゃんが寒いかどうかを判断すればいいのでしょう。

さすがに冬にもおむつだけというのは赤ちゃんにとっても寒すぎですよね。

赤ちゃんが寒いかどうか判断するのは背中とお腹になります。

赤ちゃんの背中とお腹を触ってみて冷たいようならばそれは寒がっているということですから暖房をつけたり、服を着せてあげるという手段をとる必要があります。

ちなみに暖房を付けるのってやらない人もいますけど、結構大事ですからね。
赤ちゃんにエアコンはOK?暖房冷房の話
 
 
  

平熱が低い場合は・・・

赤ちゃんは体温が高いから、厚着とかはさせなくていいといいましたが、もちろん個人差というのがあり、全ての赤ちゃんの体温が高いというわけではありません。

当然体温が低い赤ちゃんもおり平熱が35度くらいという子もいます。
 
 
親としてはやはり体温が低すぎると何かよくないことがあるんじゃないのかとか心配になりますが、基本的にはそこまであわてる必要はありません。

体温が低い場合だけなく、普通の場合もそうなのですが赤ちゃんの様子を見ながら室温や服装を調整するようにしてください。
 
 
赤ちゃんのお腹や背中の体温が冷たいならばそれは冷やすすぎですし、逆に赤ちゃんが汗をかいてしまっているのは暑すぎるということになります。

当然、このサイトをはじめ様々なサイトや本で語られていることは平均的な方法ですので、やはり赤ちゃん一人ひとりどうしても個人差がでてきてしまいますので、お母さん、お父さんが赤ちゃんの様子をみながらが調整するようにしましょう。
  
 
 

この記事の関連記事はこちら

高熱からの発疹!突発性発疹って何?
赤ちゃんが突然高熱を出してその後に発疹が起こったら・・・

赤ちゃんをお風呂に入れたら赤いポツポツが出来たときはこちら
冷え性だと思いお湯につけすぎるのも問題です。