aefaefa
 
私たちの身の回りには様々なものがあります。

もちろんいいものもありますが、やはりよくないものというのもあるんですよね。
 
 
例えばほこり。
掃除をしていなければかなり貯まっているでしょう。

もちろん毎日掃除をしていても少しずつたまっていってしまいます。
 
 
完全に取り除く!というのは無理でしょうがある程度はどうにかしてあげないと赤ちゃんに悪影響をおよぼしてしまうでしょう。
 
 
 
 

ほこりなどのハウスダストについて

ハウスダストアレルギーを持っている人は、ほこりはそのアレルゲンですので鼻炎だったり、アレルギー性皮膚炎をおこしてしまいます。

また人によってはほこりがまっていると喘息の症状がでてしまうという方もいますね。
 
 
赤ちゃんがはいはいで歩くぐらいの高さというのが一番ほこりが舞うとも言われますから、全部は無理でも出来るだけ対策してあげたいですね。
  
 
 

ほこり等の対策

zvaee
 
ほこりの対策についてですが、まず大事なのは部屋の中に出来るだけ服やタオルをおかないということです。

その辺に服とかが出しっぱなしになっていたりしませんか?
 
 
放置している服やタオルからどんどんほこりが発生してしまいます

ですので、使うもの、使わないものしっかりとわけて、他の部屋にうつしたり押入れにしっかりと整頓しましょう。
 
 
また埃というのは家の中だけで発生するものではありません。
結構外でつけてきてしまうということがありますので、花粉のように帰宅したら服などについた埃をおちしましょう。
 
 
ほこりが一番発生するのが布団です。
 
 
 

赤ちゃんのためにほこりを対策!

gea
 
布団を干すときってついついたたいてしまいますよね。

叩くとたくさん埃でるのでついついやってしまいますが、実はこれはよくないことで逆にほこりを発生させてしまう原因となります。
 
 
布団のほこりを取るときは干したら布団叩きを使い滑らせるようにし、ほこりを払うぐらにしてください。
その後干し終わったら掃除機でほこりをとってあげるのがいいでしょう。

またほこりを舞い散らすのもNGなことです。

掃除の際は上から下へほこりを落とすようにおこない、フローリングならばほこりが舞わないようにクイックルワイパーを使うことをおすすめします。
価格もそんなに高くないのでおすすめです。
 
 
また、掃除機をかける際は窓を開けるようにしてください。
エアコンを使う際にも、エアコンをきちんと掃除して使ってください。
 
 
 

ダニ問題について

ve3
 
ほこりと同じくらい問題なのがダニになります。

ダニにかまれたことがあるという人もいるでしょう。
ダニがたくさんいるとそれだけかまれたり肌荒れの原因になってしまいます。
 
 
ダニがは以下の条件が整っていれば生息することができます。

  • 温度が20度から30度
  • 湿度が60~80%

春から夏はやはり湿度がどんどんたかくなっていきますので、ダニがどんどん繁殖してしまいます。

また厄介なのがダニは生きているものだけではなく、死骸やフンといったものも悪影響になるということですね。
 
 
布団などは赤ちゃんが毎日使うものでもありますからしっかりと取ってあげましょう。

またほこりの中にも大量にダニや死骸、フンなどが存在しています。
 
 
当然それを舞い上げてしまえばどんどん広まっていってしまいますよね。
 
 
 

ダニの除去方法

aeaec312
 
まずはダニを増やさないようにしてください。
 
 
赤ちゃんを乾燥させないために、加湿器や部屋干しで湿度をあげますが、その際上げすぎてしまうとダニが繁殖しやすくなります。
 
なのでむやみやたらに湿度を上げたりしないようにしましょう。
赤ちゃんに最適な室温と湿度
空気を換気するというのも重要ですね。

ほこりをためておくというのもダニが増える原因となってしまいます。
ですから上記で紹介している方法でしっかりとほこりをとってあげてください。
 
 
 
ダニが発生しやすい赤ちゃんの身近なものといえば、

  • 布団
  • ぬいぐるみ

などになります。
これらのダニをしっかりと除去してあげることが重要ですよね。

対策としては

  • 日光にあてる
  • 乾燥機をかける

といった方法になります。

晴れている日ならば日中に布団などを干すようにしましょう。
その際黒い布をかけると日光があつまるので、よりダニを除去しやすくなるそうです。
 
 
干したあとはほこりの除去同様掃除機ですってあげましょう。

布団専用掃除機というのも人気ですのでチェックしてみるといいかもしれません。
コインランドリーの高温乾燥機も非常に効果的みたいですね。
 
 
また全ての家庭ではないでしょうが、ペットを買っている家庭の場合、ペットがダニをもってきてしまいますから寝室や赤ちゃんのベットがあるところには入れないほうがいいでしょう。
 
 
 

こちらのおすすめ記事もチェック!

赤ちゃんの肌がかさかさしている場合は注意
皮膚が乾燥してしまっていると肌トラブルにつながります。

赤ちゃんの紫外線による影響と対策
ハウスダスト等だけでなく紫外線も赤ちゃんの肌にダメージを与えます。

赤ちゃんにワセリンは仕える?ワセリンを使った保湿
肌をまもるためにワセリンが使われるということが結構あります。