kaefa
 
赤ちゃんと一緒に行動する際に便利なのがベビーカーですよね。

電車とかだと大変ですが、近所へのお買い物や散歩などならば普通に使うものでしょう。
 
 
生まれる前に購入されたという方も多いとおもいます。

ベビーカーを使う事自体には、問題ないのですが、使う際に気をつけてほしいことがあります。
 
それが暑さです。
 
 
 

ベビーカーはかなり暑い!

olrd
 
ベビーカーを使うと赤ちゃんの位置は、お母さんが抱っこするよりも低い位置に来ますよね。

その位置というのはアスファルトからの照り返しを受けてしまうんです。
 
 
その結果、お母さんはそうでもなくてもベビーカーに乗っている赤ちゃんはかなり暑がっているということがあります。

夏では通常の気温と赤ちゃんの顔がある位置での気温の差がなんと5.5度もあるというデータがでていますから、そりゃ暑いに決まっていますよね。
 
 
もともと赤ちゃんは暑がりですから、余計に辛いでしょう。

汗をたくさんかいてしまえばあせもの原因にもなってしまいます。

お母さんの顔の位置と赤ちゃんの顔の位置でも3.5度の差がありますからお母さんはそこまで暑いとは思っていなくてもしっかりと赤ちゃんの様子は確認するようにしてください。
 
 
汗をかきすぎればあせもはもちろんですが、脱水症状を起こしてしまう可能性もありますからね。
 
 
 
 
 
 

ベビーカーによる熱中症対策

kljl
 
結構起こりやすいベビーカーによる熱中症を抑える方法について紹介します。

夏などの気温が高いときにベビーカーを使って散歩や買い物に行くという方はぜひ気をつけてください。
 
 

赤ちゃんの位置を高く

ベビーカーの位置がアスファルトに近いことによって、その照り返しで暑くなってしまうわけですから、それをふせぐためにベビーカーの赤ちゃんの位置が高いものを使いましょう。

中には位置を調整できるものもありますので、すでにベビーカーを購入してしまったという方はみてみてください。
 
 

場合によっては保冷剤も

場合によって保冷剤を塚うという方法もあります。

もともとベビーカー自体に入れるポケットがついているものもあるのですが、外付けで取り付けることができるものも販売されていますのでそちらをチェックしてみるといいでしょう。

Amazonでだいたい2000~3000円くらいで販売されていますね。
 
 

通気性のよいものを使う

当然熱こもってしまうことによってベビーカー内の温度が高くなってしまうわけですから、できるだけ通気性がいいものを選ぶ必要があります。

また乗るときの赤ちゃん自体の服装も通気性がいいものにしてあげてください。
 
 
見た目ばっかりを気にした服だと通気性がないことがありますので、素材や肌触りで選んであげましょう。

もちろん通気性があるベビーカーを使うのが一番ですね。
だれかから譲ってもらったものとかは以外とそういったところ改善されていない昔の製品ということがありますから、チェックする必要があります。
 
 
また、ベビーカーだけでなく、服装にも気をつけてください。
赤ちゃんの服装を解説!夏や冬に着るものは?”
 
 
 

外出前は水分補給を

赤ちゃんは汗っかきですからどんどん汗をだしてしまいます。
赤ちゃんが汗をたくさんかく理由

ですので脱水症状になってしまうこともすくなくありません。

移動中もですが、出かける前もしっかりと水分補給をするようにしてあげてください。
 
 

日陰で休息

できれば夏などの日差しが強い時期はあまり外に連れ出さない方がいいのですが、もし外に行く際はずっと日が強い場所にいるのではなく、ときどき休憩をいえれてあげてください。
 
日陰がある涼しい場所で赤ちゃんをやすませてあげましょう。
またこのときに水分補給をしてあげるといいですね。
  
  
普段何気なく使っているベビーカーですが、実は気をつけなければいけないことがあるんです。
赤ちゃんが暑くならないようにしっかりとみてあげてください。
 
 
 

こちらの記事もチェックしてみてください

赤ちゃんは紙おむつと布おむつどっちがいいの?
おむつは予想以上むれてしまいます。なのでそれも考える必要があります。