赤ちゃんの肌トラブルというと、乾燥とか脂漏性湿疹とかですけど、結構たいへんなのがあせも!

特に夏は昔とくらべて暑くなってきていますから、赤ちゃんもかなり汗をかきます。あせもは強いかゆみを発生させますから赤ちゃんがかいちゃってもう大変!
 
 
あせもの予防方法は色々ありますが、ベビーローションを使うというのも一つの方法です。またベビーローションをしっかりつかってあげることで、乾燥にも効果ありますから一石二鳥ですね。
 
 
  

ローションであせも予防は可能!

ベビーローションが!というか赤ちゃんの肌を乾燥させないというのがとっても大事です。
 
赤ちゃんの肌だけの話ではないのですが、人間の皮膚というのはそれを守るためのバリア機能があります。でも乾燥するとそのバリア機能が弱ってしまいます。
 
そのバリア状態の肌が弱っている状態だとあせもになりやすいため、ベビーローションで乾燥をケアして予防しよう!というわけです。
まあ、正直なところベビーローションじゃなくても保湿ができればありなんですけどね。
 
 

おすすめのベビーローションは?

あせもを予防するために使うベビーローションですが、当然保湿力がないと意味がありません。ちゃんと保湿ができて乾燥をケアできるからこそあせも予防につながるわけですからね。
 
ベビーローションは色々と各メーカーから販売されていますが、おすすめはアロベビーのベビーローション。
最近特にママたちに人気なので多分聞いたことはあるかと。
 
普通のベビローションと比べて高いし、ちょっとなーと最初は思っていたのですが、使ってみてびっくり。さすがそこそこの値段するだけありますね。
 
私達の目的はただ適当に赤ちゃんの肌になんかを塗ればいいわけじゃないんです。大事なのは赤ちゃんの肌を守ってあげること。違いますか?
 
>>アロベビーを使ってみたレビュー記事はこちら
 
 
 

あせも対策はやっぱり汗を落とすのが大事!

あせもの予防としてベビーローションを使うというのも一つです。でも一番の予防方法は違いますよね。
 
あせもを予防したい!と思うならしっかりと汗を拭いてあげましょう。
 
というかそもそもベビーローションを使って保湿をするなんてあせも予防とかの前からやるべきことですから、すでにできているかと。
 
 
赤ちゃんは大人が思っている以上に汗っかきですし、暑い寒いとかが伝えられないので結構汗が溜まってしまいます。また、同じ姿勢でいることも多いためベッドとの設置面は当然熱くなりますよね。
 
 

あせを拭く時や優しく!

赤ちゃんの肌はとってもデリケートなので大人みたいに適当にゴシゴシ肌をこするように汗を拭くのは良くないです。 
 
感覚としてはポンポンと押し当てるように汗を落とすのが肌への負担がなくていい感じですね。また汗を拭いたあとに保湿してあげると乾燥の対策にもなります。
 
もちろんシャワーで流すのもあり。石鹸とか使わずにぬるいぐらいの弱いシャワーでさっと流してあげると拭くよりも汗は落とせます。大変ですけどね。
 
 

部屋の調整は大事。

忘れては行けないのが部屋のこと。
いくら汗を拭こうとも部屋の湿度が高いままだったらどんどん汗がでてきてずっとママが赤ちゃんを拭いてないといけなくなります。
 
エアコンを使わないほうがいい!という意見もありますが、気温によってはそうも言ってられない状況もあります。考えるべきは赤ちゃんのこと。
 
エアコンを使うにしても使わないにしても赤ちゃんが過ごしやすいように部屋の温度を調整しましょう。