bae
 
熱いとき、寒いとき、やはり日常生活の中でエアコンに頼らざるを得ないときってありますよね。

寒さや暑さ対策ってなんだかんだいって限界がありますからね。
 
 
大人ならば普通にエアコンとか気にしないで使うとおもうんですが、赤ちゃんがいるとやっぱり気になってしまいますよね。
 
 
 

赤ちゃんにエアコンってよくない?

fa4
 
赤ちゃんがいるときにエアコンを使うのって結構躊躇してしまいますし、よくないということを誰かに言われたという人もいるんじゃないでしょうか?

よくいわれるのが汗腺についてです。
 
 
赤ちゃんが汗をかかないようにエアコンをつかっていると、汗腺の能力が衰えてしまい体温が調節できなくなってしまうからエアコンを使わないほうがいい。
という意見が結構多いようです。

実際こういうことでエアコンを使わない家庭というのは多いみたいなんですが、実はこれちょっと危ないんです。
 
 
 

赤ちゃんにエアコンはOK!

ze
 
大人は体温調節機能がありますので、ある程度体温を自分体温を調節することができます。

ですが、赤ちゃんの場合この体温調節機能というのは完全には発達しておらず上手く体温が調節できないんです。
赤ちゃんが汗をたくさんかく理由
 
 
そのため暑い時期も寒い時期も赤ちゃんがいる空間を整えてあげる必要があります。

もちろんだからといってなんでもかんでもエアコンを付ければいいというわけではありません。
 
 
エアコンの使い方や温度というのも大事なポイントになります。
室温や湿度などに関してはこちらを参考にしてください。
 
 
 

暖房は乾燥に注意!

bzz
 
暖房をつけることによって、赤ちゃんを寒さから守ることができます。

赤ちゃんは体温が高いといってもやはり寒すぎると風邪などの原因になってしまいますからね。
適度に暖房をつけてあげる必要があります。
 
 
ですが、暖房を付けっぱなしにすると部屋の空気がかなり乾燥してしまいます。
空気が乾燥してしまえば当然、赤ちゃんの肌も乾燥して皮膚のバリア機能が弱まってしまい、肌荒れを起こしてしまう可能性があるでしょう。
 
 
保湿剤等を使うのはもちろんですが、部屋の空気を出来るだけ乾燥しないように加湿器をつかったり部屋星したりと対策することをおすすめします。
 
 
 

冷房で汗を抑える

jle34
 
冷房についてですが、正直エアコンにおいてこの冷房がとっても大事になります。
その理由はやはり汗なんですよね。
 
 
赤ちゃんはとってもあせっかきですのでなんと大人の2倍の量の汗をかくといわれています。

なのでそのかいた汗を放っておけば当然あせもになってしまうでしょう。
赤ちゃんのあせもについてのケアはこちら
 
  
あせもをおこさないようにするためにも冷房をしっかりと使う必要があります

夏の熱帯夜などは、電気代はかかってしまいますが夜中も冷房をつけてあげたほうがいいでしょう。
 
 
朝起きて赤ちゃんがあせもだらけになっているとなってはしゃれになりませんからね。

ちなみに温度は25℃よりも低いようにしてください。
もちろんだからといって寒すぎる温度にはしないようにしましょう。
 
 
あと冷房を付けることによって乾燥してしまいますので、冬同様に加湿器だったり部屋干しだったりをして湿度をあげるようにしてください
 
 
 

エアコンを使う際の注意点

ka;e
 
赤ちゃんにエアコンが必要ということは分かったと思いますが、最後にエアコンを使う際の注意点について紹介しておこうとおもいます。

現在すでに自宅にエアコンがあるという方はいると思いますが、そのエアコン最後に掃除したのはいつでしょうか?
 
 

フィルターの掃除をしよう

エアコンって実は結構汚れやすいんですよね。

中のフィルターをみるとほこりがわんさかついていることがあります。
 
 
当然そのままエアコンを稼動させれば埃をはじめとした様々なハウスダストが暖房や冷房によって部屋中に舞ってしまいますので、赤ちゃんの肌トラブルの原因になります。

特にアトピーだったりを持っている子はかなり注意がいりますね。

エアコンを使うというのは大事ですが、しっかりと掃除をするようにしましょう。

毎日する必要はありませんが、最低でも一年に1回は掃除してください。
 
 
 

こちらの記事もおすすめです

赤ちゃんの汗の拭き方
暖房に汗をかいてしまったらこちらの方法で汗をふいてあげてください

赤ちゃんの服装を解説!夏や冬に着るものは?
時期によってしっかりと着る服を調整するのも大切です。

赤ちゃんをお風呂に入れたら赤いポツポツが出来たときはこちら
お風呂でもそうですが、赤ちゃんを温めすぎるのはよくありません。