aee3as
 
赤ちゃんの顔にポツっとニキビが出来てしまっていればやはり親としても心配になります。

『このニキビみたいなのはなんなの?』
『なんかしなくていいの?』

大事な赤ちゃんのことですから色々と心配になりますよね。
 
 
 

ニキビは皮脂が原因!

aeleee3
 

ニキビの原因
は、皮脂が毛穴につまることになります。
 
  
赤ちゃんは生まれてから2、3か月くらいは頭皮と額のTゾーンと呼ばれるところの皮脂が過剰に分泌されます。

そのため皮脂がつまりやすくにきびをおこすことが多いんです。
(ただ皮脂がまったくいらないというわけではありません。詳しくはこちら
 
 
見た目としては

  • 普通の白い芯のある
  • 膿がたまってしまっている
  • 黒っぽくなっている

といった感じですね。

もちろん普通のニキビですのでかゆみなどはほぼありません。
かゆみがあると赤ちゃんがかきこわしてしまう可能性がありますから、その点の心配は必要ないでしょう。

ちなみにニキビが発生する場所としてはおでこや耳付近、頭皮の生え際などになります。
もしそれ以外の体に発生している場合はニキビではないかもしれません。
 
 
 
 

顔のニキビは清潔に!

ニキビは皮脂が毛穴に詰まってしまうということが原因なわけですから、皮脂をしっかりとおとしてあげることで改善できます。
 
思春期ニキビのときも、顔を洗いましょうっていわれますよね。
それと同じできちんと赤ちゃんの皮脂を落としてあげましょう。
 
aef3
 
 
普段沐浴をされる際に、赤ちゃんの顔ってどうやって洗っていますか?
赤ちゃんの顔の洗い方というのは、実は間違った方法で行っている人が多いんです。
 
 
一番だめは方法としては赤ちゃんの顔を何も洗わないということですが、さすがにそんな人はいないでしょう。

赤ちゃんの顔を洗うとき、ガーゼを水にぬらして拭いてるという人は多いとおもいますが、これこそまさによくない方法で、ニキビを発生させる原因となる洗い方なんです。

 
 
 

水だけじゃしっかりと落とせない!

eas
 
土とか、ほこりとかのよごれならばシャワーでながしたり、ぬらしたガーゼで拭くだけでも十分に落とすことができるでしょう。

ですが皮脂の場合はそれだけではおとせないんです。
 
 
皮脂を落とす際はしっかりとベビーソープなどを使う必要があります。
体はベビーソープで洗っているけども顔は洗っていないという方は多いみたいです。

顔を洗わない原因としては

  • 赤ちゃんの目などに入るのが怖い
  • 洗うことによって乾燥させてしまう

などがあげられることが多いですが、正しい洗い方をすれば赤ちゃんの目などに入るのも防げますし、もし入ってしまってもきちんと洗い流してあげればそれほど問題にはなりません。

赤ちゃん用の製品というのは刺激が強いものがはいっていませんし、目にしみにくい仕様の製品もありますのでそういうのを使えばいいですよね。
 
 
また乾燥については確かにおこってしまいます。
ですが、大事なのは乾燥してしまった後に保湿をするということですので、沐浴後にしっかりと保湿をしてあげればなんの問題もありません。
 
 
逆に洗わないことによってニキビができたり、かさぶた状のものができてしまうことのほうが問題ですから沐浴する際はしっかりとベビーソープを使って皮脂を洗い流してあげてください。
 
 
 

おすすめの関連記事

赤ちゃんの保湿仕方を詳しく解説
赤ちゃんに大事な保湿についての方法を紹介しています。