赤ちゃんは全身的に肌トラブルが発生しやすいのですが、首の肌トラブルは他のところよりもかなり多いんじゃないでしょうか?
赤ちゃんの首が赤くなってしまっている・・・

赤くなっているということな何かしらの原因で肌トラブルが起きているということですよね。
 
放っておけばよりひどい症状になることもありますので、速やかに対策を取りましょう!
 
 

首が赤くなっている原因

症状としては首が赤くなっているということなのですが、実際首が赤くなっている=一つの症状とは限りません。

基本的に首が赤くなることが多い症状としては

  • 乾燥による湿疹
  • あせも
  • 食べこぼしなどによる肌荒れ

この三つが挙げられます。
それぞれ原因が違うように対策方法もことなりますので、原因とは違う対策をしていたら当然治りません。

また、一つだけが原因じゃなくて、いくつも重なって発生していることもあるので、出来れば全部の対策をきちんとしてあげるのがいいかと思います。

乾燥による湿疹

赤ちゃんの肌が乾燥しやすいというのはご存じでしょうか?

『赤ちゃん肌』といえば潤っててぷにっぷに。
というイメージですが、実際はかなりカサカサで、大人よりも水分量が断然少ないんです。
肌の厚さが2分の1!赤ちゃんの肌が弱いって本当?

もちろんそれは首も同じです。
 
あなたは普段、赤ちゃんに保湿剤を塗ってあげていますか?
保湿剤を塗れば赤ちゃんの肌を乾燥から守ることができ、肌荒れ等を予防することができます。

ですが、結構首って塗り忘れが多いんですよ。
特に首のシワ部分。

赤ちゃんの首には大きなシワがあります。
その中も当然乾燥してしまうわけで、首が赤くなっているのはそこをしっかりと保湿していないからかもしれません。
 
体や顔だけじゃなくてきちんと首も保湿するようにしましょう。
  
 

あせも

大人の首と赤ちゃんの首。
どう違うかわかりますか?

大人の人の首って基本的にはすらっとしていますよね。
一方赤ちゃんの首を見てみると肉に埋まっているのがわかります。

もちろんこれは赤ちゃんならではで仕方がないことなわけですが、これがあせもの原因になっているかもしれないんです。
詳しいあせもの対策はこちらで解説しています。

お腹とか顔、おしりなどの汗はきちんと拭いていても、首回りを忘れてる人は多いですね。
赤ちゃんのあの首の状態で実はかなり厚くてかなり汗をかいてしまうんです。

さらに首のシワの中というのは蒸れやすい状況でもありますから、あせもやかぶれなどを引き起こしてしまいます。

夏はもちろんですが、冬などは赤ちゃんが寒いだろうといろいろと着せてしまいがちなのですが、実は赤ちゃんからしたら暑くて汗をかいてしまうこともあるんです。
首回りの汗、もう一度チェックしてあげてくださいね。

ちなみに汗を拭く際は丁寧にやってあげましょう。
赤ちゃんの正しい汗の拭き方をチェック!
 
 

食べこぼしなどによる肌荒れ

現在、あなたのお子さんは母乳ですか?
それとも離乳食ですか?
どちらのお子さんにも当てはまりますが、結構口から食べ物がボロボロとこぼれていきますよね。

こぼれたものを受け取るよだれかけみたいのもあるくらいですから、赤ちゃんはかなり食べこぼしをします。
赤ちゃんが食べこぼしをしてしまったとき、口回りは拭いてあげたりするでしょうが、ちゃんと首の方に垂れたのも拭いてあげていますか?

結構ここを拭いていないケースが多いんですよね。
赤ちゃんの首は大人と比べて見えにくいですから、一見汚れていないように見えて実はシワの間などに入り込んで肌荒れを起こしてしまいます。

母乳やミルク、離乳食どれにおいても気をつけないといけませんね。

食べこぼしの拭き方とかをもっと知りたい!という方はこちらのページで解説しているのでチェックしてみてください
赤ちゃんの食べこぼしは肌荒れの原因になります

首が赤いのを放置するとどうなるの?

首が赤くなってしまって痛々しい赤ちゃん・・・
きちんと対策をして綺麗な状態にできればいいのですが、逆にそのまま放置をしてしまったろうなるのでしょうか?

自ら故意的放置をするという人はいないと思いますが、一応放置をしたらどうなるか解説しておきます。
 
 
現在、あなたのお子さんは首回りをかいたりしていますか?
首が赤くなって荒れている状態で赤ちゃんがかゆみを感じそこをかくようになると症状は一気に悪くなります。

赤ちゃんの力といえども肌をひっかけば当然傷ができます。
大人だったらかかないように意識をすればいいんですが、当然赤ちゃんにそんなことはできませんよね。

かゆみを感じればそれだけかく。
その結果、赤ちゃんの肌に傷ができてしまうわけです。

すぐに治ってくれればいいですが、そこから雑菌などに感染すれば『とびひ』などの感染症を発生させてしまうこともあるんです。
 
どんどん肌が悪くなっていき、かゆみでつらい重いをしている赤ちゃんなんか見たくありませんよね。
現在まだ首が赤いだけならばしっかりと対策すれば治すことができますので、今日から早速首の赤みを改善していきましょう!

関連記事

赤ちゃんのよだれかぶれのケア方法はこちら
首回りもそうですが、よだれなどによってかぶれてはいないでしょうか?
 
赤ちゃんは拭いたら保湿が大事!
汗や食べこぼしを拭くというのは大事ですが、拭いた後そのままにすると肌荒れの原因になります。
 
赤ちゃんへのダニ、ほこり等ハウスダストの影響
赤ちゃんがいる部屋やお布団、人形などは清潔ですか?