3j
 
親なら赤ちゃんの肌を毎日見たり、触ったりしているでしょうから、変化などはすぐにわかるとおもいます。
 
赤ちゃんの肌がかさかさしている・・・

赤ちゃん肌というとプルプル潤っていて弾力があるという印象がありますから、その分かさついているとなるとやはり心配になりますよね。
 
 
当然この肌のかさかさは赤ちゃんにとってもよくないものなんです。
  
 
 

肌がかさかさする原因

vaee
 
赤ちゃんの肌がカサカサしてしまっている理由はたった一つ。

肌が乾燥しているということです。
 
 
大人でも冬になると肌が乾燥して肌荒れとかおこしてしまいますよね。

ちなみに私は秋~冬にかけて乾燥により太ももが肌荒れをおこしてしまいます・・・。
 
 
大人でも肌が乾燥してしまうわけですから当然大人よりも肌が弱い赤ちゃんはすぐにかさかさと乾燥してしまいます。
 
 
赤ちゃんは大人と比べて圧倒的に皮脂が出る量が少ないんです。

それこそ生まれてから2、3ヶ月くらいまでは頭と額のみ大量に皮脂がでますが、それ以外のほっぺだったり体というのは全然皮脂が出ません。

さらに3ヶ月以降からは頭皮と額すら皮脂がでなくなるんです。
 

気になる!皮膚の役割と肌荒れが起きる原因
 
 
大人だとある程度皮脂の量もありますし、皮膚のバリアもありますから冬などの時期だけしか乾燥しないということも多いですが、赤ちゃんの場合は大人と全然違い一年中かさかさと乾燥してしまいます。
 
 
もちろん肌が乾燥してしまっているメリットなんか何一つありません。
 
 
 

かさかさ対策はやっぱり保湿

bvav4
 
かさかさと乾燥してしまっているわけですからその対策方法は一つですよね。

赤ちゃんの肌を早速保湿してあげましょう。
 
  
ただもちろん大人が使っているスキンケア製品をそのまま使うというわけにも行きません。

大人が使っているものというのは、あまり肌によくないものが入っていることが多いですからね。
 
 
肌が弱い赤ちゃんが使うのならばやはり赤ちゃんが使っても大丈夫なように調整されている製品をおすすめします。

ちなみに赤ちゃんが使えるからといって効果が落ちるとかそういうことはありませんので、お母さんも赤ちゃんと一緒のスキンケア製品をつかってみるといいかもしれませんね。

赤ちゃんの保湿剤のおすすめはこちらで紹介しています。 
 
 
 

保湿以外の対策も

jjj
 
保湿クリームや赤ちゃん用のスキンケア製品を使って乾燥などを対策してあげるというのが一番です。

ですが、それ以外にも色々と乾燥対策というのはできるんです。
 
 
赤ちゃんは基本的に室内にいますよね。

そのため室内の湿度をある程度保ってあげれば多少は乾燥を防ぐことができます。

とはいってももちろん保湿剤などを使う必要はありますが・・・
 
 
部屋の湿度を上げる方法としては
 

  • 加湿器を使う
  • 洗濯物を部屋の中に干す
  • 濡れタオルを干す
  • 床を水拭きする
  • 水を霧吹きで吹く
  • お湯を張った洗面器などを置く
  • 観葉植物を置く
  • 水槽などを置く

などの方法があります。

やはり一番手っ取り早いのは加湿器を置くということでしょう。
 
 
ただ当然加湿器もただではありません。

amazonで検索してみたところ、安い製品だと5000円くらいですが性能がいい人気製品などになると18000円くらいします。
 
 
すでに加湿器を持っているというのならばいいですが、やはり新たに購入するとなるとちょっと微妙ですよね。

加湿器がないならばそれ以外の方法をやってみてください。
 
  
観葉植物や水槽などは別ですが、部屋干しや床の水拭きなどならお金もかからずすぐに出来るでしょう。
湿度自体は50%ぐらいを目安にすることをおすすめします。
 
 
ただあまり湿度を上げすぎてしまうと、結露などが起こり、カビなどの原因になるためそのあたりは上手く調整しましょう。
 
 
 

保湿をしないと肌トラブルに・・・

iui
 
現在はまだかさかさだけということですが、正直その状態は皮膚のバリアが弱まってしまっている状態なんです。
 
 
かさかさしているだけとおもわれる方もいるかもしれませんが、その状態から今度は湿疹や肌荒れといったことに繋がっていきます。

皮膚のバリアが弱まってるということはそれだけ外からの刺激も受けやすくなっているということですから、様々な肌トラブルになる可能性が高いです。
 
 
そしてその湿疹等を赤ちゃんがかいて傷を作ってしまえば感染症にも発展していきます。

かさかさしているというのはこれらがはじまる入り口ですのですぐにでも赤ちゃんの肌を保湿してバリア機能を補強してあげてください。
 
 
一年中かさかさしないようにしてあげるのが赤ちゃんにとっては一番でしょう。
 
 
 

こちらの記事もぜひチェック!

赤ちゃんに使う保湿剤の選び方!
赤ちゃんには保湿剤ならばなんでも使えるというわけではありません。

赤ちゃんは拭いたら保湿をしましょう
拭くという動作は赤ちゃんの皮膚にダメージをあたえます。

赤ちゃんの肌のかゆみを和らげる方法
赤ちゃんの肌がかさかさしているとかゆみをおこすことがあります