赤ちゃんの足の湿疹、原因はコレかも

赤ちゃんの肌は絶賛成長途中で、まだまだ完璧に出来上がっているとは言えません。
 
肌が弱いため足だけでなく様々な肌トラブルが起こってしまいます。赤ちゃんの肌が荒れている状況はなかなかつらい物がありますよね。
 
すぐ治してあげたい!と思っても赤ちゃんの肌のことですから適当なことをやって悪化させてしまうのも怖いですし、かといって逆に放置するなんてことはできません。
 
 
赤ちゃんの足の湿疹は結構よくあることです。
とはいってもじゃあそのままでOKというわけではないですから、落ち着いてケアしてあげましょう。
 
 

足に湿疹ができる原因は色々

『赤ちゃんの足に湿疹がある』というだけでは、コレが原因だーーー!と決めることはできません。
 
風邪を引いている⇒『風邪ウィルスによる湿疹』
足の裏や手、口周辺に小さい水疱⇒『手足口病』
汗をかいて細かいぶつぶつ⇒『あせも』
 
などが挙げられます。
判断が難しいこともあるんで、お医者さんにビシっと診断してもらってください。
  
 
あとは乾燥によって足に湿疹が怒ってるパターンも非常に多いです。
 
 

足の湿疹、乾燥の可能性も

赤ちゃんはとっても乾燥しやすく、乾燥に悩んでいるママはたくさんいます。

乾燥で肌が弱っていれば当然、足にも症状はでるでしょう。
 
 
乾燥して弱ってしまった赤ちゃんの肌。
湿疹がぼつぼつとでてきてかわいそうですよね。
 
赤ちゃんが足にかゆみを感じればそこを引っ掻いて傷をつくってしまいます。
『掻き壊し』と言われていて、傷口から感染症になるケースも。
 
 
足をはじめ全身ガサガサ肌になって、ブツブツがいっぱいできた赤ちゃんは見ているのも辛いです。
 
 
 

保湿で赤ちゃんを守ってあげる

乾燥なら、保湿をしっかりしてあげることで赤ちゃんを守ることができます。
 
 
もちろん保湿クリーム等は薬じゃないので、絶対治るというわけではないですが、乾燥をよくするためには保湿が大切です。
 
今はブツブツができて心配な足ですが、キレイになればママも安心!
もちろん赤ちゃんも!
 
そのためにも毎日保湿をしていってあげましょう。
 
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら!