赤ちゃんのスキンケアというと、必ずといっていいほどワセリンの名前が上がります。

ワセリン自体肌に優しいので、赤ちゃんでも使いやすいというのがあるんですが、そのワセリンを使っても赤ちゃんの肌トラブルがケアできないことがあります。
 
効かないワセリンは当然意味がありません。
 
 
 

そもそもワセリンは保湿できない

ワセリンというとそれだけでバッチリ保湿ができそうな気がするんですが、実際はワセリンだけではケアが難しいことがほとんどです。

というのもワセリンには水分をお肌に保持する効果があるわけでは無いんですよね。
そのため、塗った直後はまあまあ保湿できていると感じても少し立つと乾燥しているように感じるんです。
 
 

ワセリンは保護の役割

そもそもワセリンの役割というのは、あくまでも保護。

つまり赤ちゃんの弱い肌を外からの刺激から守る仕事、そして皮膚の水分が失われていくのも防ぐ効果があります。
わかりやすく言うと、肌をコーティングすると言った感じで、サランラップみたいなものと考えるとわかりやすいかと思います。

料理が乾燥しないようにラップをつけます。
でも、もともとラップの内側に水分がなかったら意味がありません。
 
ラップ自体が水分を補給してくれるわけではない。
これはワセリンも一緒です。
 
 

ワセリンを使うならお肌に保湿成分をしてから

ワセリンだけをぬって良くなったということもあるんですが、しっかりと使うのならばベビーローションのようなお肌に水分を補給できるものを使ってからワセリンをぬるのがベストです。
 
大人のスキンケアで化粧水を塗って乳液を塗ったりするのと一緒ですね。
ワセリンが蓋の役割をしてくれます。 
 
 

アトピーの場合は注意。

ワセリンは保護の能力がすごいため、しっかりと肌を守ってくれるのですが、その分体内の熱がこもり、かゆみがひどくなるケースもあります。

なのでアトピーのお子さんは使わないことをおすすめします。
また、アトピーではなくてもワセリンを使って肌が荒れたという場合は、使用しないようにしましょう。 
  
 
 

ワセリンが効果ないならコレがおすすめ

ワセリンが効かないならば、より保湿効果があるものを選ぶといいかと思います。

成分としてはセラミド配合がおすすめです。
セラミドは、ワセリンとは違いお肌に水分を保持してくれる成分で、乾燥している子はこのセラミドが不足している傾向にあります。
 
セラミド配合の保湿剤というと大人向けのものが多いのですが、赤ちゃん用としてのおすすめは【ForFam】です。

結構有名な保湿剤ですので雑誌などで見たことがあるかもしれません。

セラミドをたっぷり配合しているのでどうしても普通の保湿剤より高くなってしまうのが難点ですが、使うとお肌にすっと馴染んでくれるのでベタベタせず、しっかり潤います。
 
 
ベタベタしないという使い心地はやっぱり大きいですね。
肌の優しさもワセリンほどというわけではありませんが、赤ちゃんが安心して使えるように作られています。
 

 
保護という面で比べてしまうとワセリンのほうが優れてはいますが、赤ちゃんのお肌に潤いを与えるのならばForFamがおすすめです。
 
>>ForFamを使ってみたレビューと口コミはこちら