ワセリンといえば赤ちゃんにめっちゃおすすめされるスキンケアアイテムですよね。肌への刺激がほぼなくとっても優しいので使っている赤ちゃんもすっごい多いですね。
 
でもそんなワセリンで荒れてしまったというのは、ちょっと怖いですよね。肌にすっごい優しいと言われているワセリンで痒がっているのですから・・・。
 
 
とはいっても、赤ちゃんによってこういうことは起こってしまうことがあります。
 
 
 

赤ちゃんにワセリンがあってないのかも!

ワセリン自体は肌にいいもので、結構色々とおすすめされるわけですが合わないということは当然あります。
 
ただ、痒がるというのはあまりよくない状況で痒いと赤ちゃんが掻いてしまい傷ができるためそこから雑菌が入ってしまう可能性もあるんです。
 
今よりも悪化してしまうとなったら流石にワセリンは使えませんよね。
 
 

ワセリンはかゆみを強くさせる

実はワセリン自体かゆみを強くさせることが多いものでもあります。
 
ワセリンの役割は油分によって外からの蓋をすることで水分を肌から逃さない用にすることなわけなのですが、これがメリットもデメリットにもなるんです。
 
水分を蒸発させないのは必要ですし、外部からの刺激をふせいでくれるのは嬉しいのですが逆に体の熱が逃げにくくなります。
 
かゆみは体温が上がるほど強くなるので、ワセリンをぬることで痒がるようになるわけです。
 
 

かゆみを抑えるなら冷やす

とりあえず、現在も赤ちゃんが痒がるようならのならばそのかゆみをおさえてあげないといけません。
 
体温が上がるとかゆくなるわけですから逆に冷やしてあげればいいわけです。冷やし方は保冷剤をタオルに包んで当てるのがベスト。

あまりに冷たすぎるものを当てるのも赤ちゃんの体にはよくないですから調整して極度に冷やしすぎないようにしましょう。
  
 

合わないなら使わない!

とりあえずワセリンを使って痒がるようならあまり使わないほうがいいでしょう。

ワセリンはやさしいとっていわれるけど、体質があってあわないならばそれは赤ちゃんにとって負担になってしまいますから。
 
実際にどういう症状なのかというのは赤ちゃんによっても違いますから、詳しくはお医者さんに見てもらいましょう。
  
 
 

ワセリン以外の違う保湿剤を探そう

ワセリンを使うのもいいのですが、ワセリン以外にも保湿するものはあるのでそれを使うのも一つの手です。
 
ワセリンはとっても肌が優しいとのことですが、ワセリンで痒がったからといって他の保湿剤で痒がるというわけではありません。
 
ですが、逆に痒がるだけではなくかぶれてしまう可能性もあるのでそこは注意しないといけません。
 
 
どの保湿剤をワセリン代わりに選ぶのかという問題はありますが、成分だったりもかんがえてえらんだほうがいいですね。
 
>>赤ちゃんの肌におすすめの保湿剤ランキングはこちら