赤ちゃんの肌トラブルで病院に行くとステロイドを処方されることがあります。

普通ならお医者さんに処方されたものですからさっと塗れば良いんですが、『ステロイド』というとどうしても抵抗が出てきてしまいますよね。
 
 
ステロイドを一回使ったらステロイド依存になってしまいその後使い続けないといけないのではないかとか。
あとは肌が黒くなるなんて話もあります。

ステロイドを使いたくないというママのきもちは確かにわかりますが、実際ステロイドというのは悪いイメージが広がりすぎているところもあるんですよね。
 
 

ステロイドはそこまで悪いものじゃない!

ステロイドを使う目的としては、今赤ちゃんの肌に起こっている炎症などを抑えることです。

肌トラブルが起こっているところをそのまま放置すれば症状はどんどん悪化していきますし、痒みがあれば赤ちゃんが引っ掻いてしまうということもあります。
それをステロイドで抑えてケアし易いようにするわけです。
 

ステロイドは悪い印象がかなり広がってしまっています。
それは、一時期メディアであったステロイドバッシングによるものや、一部のステロイドに否定的な人たちによる記事が原因になっています。

副作用がまったくなくて安全な薬というわけでは無いんですが、世間で言われているほど悪いものではありません。
 
ただ、どうしても使いたくない、怖いという気持ちはあると思います。
 
 
 

ステロイドの副作用について

ステロイドの使い方は、知識がない人が適当にやっていいものではありません。

ご存知かと思いますが、ステロイドには強さがありますから赤ちゃんの症状にあったステロイドを使って上げる必要があります。
強さとどれだけ使うのかという期間も大事ですね。
 
 
赤ちゃんの現状に合っていない強いステロイドを長期間使ってしまうと皮膚の細胞が増殖するのを抑えてしまうことになり皮膚が薄くなってしまうことがあります。
毛細血管が見えてくるのでこの副作用が出てきたらわかるかと。
  
医師の処方に従って使えば基本的は大丈夫なのですが、医師によってステロイドを処方する量が違うというのはちょっと問題なのですが・・・。
 
 

ネットで有名な副作用ってあるの?

ステロイドの副作用ということで、色々な情報が広まっていますが実際は違うところもあります。

例えばステロイド依存になってステロイドを使わないと症状がぶり返すというもの。

ステロイドはもともと症状を抑えているだけで治しているわけではありません。
ですから使うのをやめれば当然症状はまた出てきますよね。
ステロイドをちょっと使って収まったら使うのをやめた。こういう間違った使い方をしてるとそういったことが起こります。
 
あとはステロイドを使うと肌が黒くなったら肌がボロボロになるというもの。
これも正しい使い方をしていれば起きることはありません。
 
 

症状によってはステロイドを使うのがベスト

ステロイドが怖いということですが、症状がひどいならばやっぱり使ったほうが良いです。

正しい使い方、正しい容量で使用していれば問題はありません。
お医者さんの処方してくれたものを適当に使ったりとか途中でやめたりしなければOK。
 
 
 

赤ちゃんの肌のケアもしっかりと

ステロイドを使うのはもちろんですが、しっかりと普段からのケアもしてあげる必要があります。
 
症状があまりひどくなければステロイドを使わなくてもいいことがありますからね。

ステロイドを使いたくなかったママが、保湿剤を使って良くなったという口コミもありますから、赤ちゃんに合ったしっかり保湿できるものを使ってあげたいですね。
 
 
>>おすすめの赤ちゃん用保湿剤ランキングはこちら
 
 
ステロイドを使うぐらいとなると、保湿だけでなく保護もすることができるファムズベビーがおすすめです。

赤ちゃんの肌をしっかりと潤わせてあげることが大事なのでセラミド配合のForFamもいいんですけどね。