赤ちゃんの保湿をするためのものは色々あるので、本当どれをつかえばいいのかよくわからなくなってしまいます。
 
こういうのって使い方とか間違えると全然効果なかったりしますから、しっかりと理解しておきたいところ。
 
ベビーローションとワセリンはどっちもおすすめされていますからどう使えば良いのか難しいところです。
 
 
 

どっちが保湿に向いてる?それぞれの特徴

ワセリンの特徴

赤ちゃんのワセリンをするといえばワセリンが有名。実際成分も優しいですし赤ちゃんにもおすすめ。またワセリンは副作用がほとんどないということで知られていますよね。
 
ワセリンの効果としては肌表面に蓋をするというもので、水分が肌から抜けていくのを防いでくれます。また外からの刺激をガードできるのも大きな役割。あと安いのもいいですね。
 
 
ただ一方で肌に水分を与えられないというデメリットを抱えています。あくまでも肌の蓋ですのでちょっと足りないという感じ。もちろんワセリンだけで十分!という赤ちゃんもいます。
 
 

ベビーローションの特徴

ベビーローションの特徴は、普通の保湿剤という感じ。
 
サラッとした使用感で乳液っぽいクリームみたいなテクスチャです。保湿につかうわけですが、ワセリンと違い乾燥している肌に水分を与えてくれるわけです。
 
肌は乾燥するとよわってしまうので、その弱った肌に水分を与えてバリア機能を正常にしてくれます。
 
 
 

どっちをつかえばいいの?

どっちを使うかの前に一番大事なことはその使うものは赤ちゃんの体質にあっているかどうかということ。
 
肌に合わないものを使えば赤ちゃんの肌がきれいになるどころかもっとかぶれてひどくんってしまうことも。
 
当然赤ちゃんにとってもつらい状況になりますので、一番気をつけないといけないところですね。
 
 

合わせて使ってる人もいる

ワセリンは蓋をするけど、水分を与えることはできない。
一方ベビーローションは蓋はできないけど水分を与えることはできる。
 
つまりベビーローションを使ってからワセリンを使うことによって水分を与えつつそれらが抜けるのを防ぐことができるわけなんです。
 
 
ワセリンもベビーローションも肌似合っているのならば2つをあわせて使いましょう。
 
 
 

ベビーローションのおすすめは?

ワセリンは基本白色ワセリンを使うのでそこまで選ぶ選択肢はありません。
 
ですが一方ベビーローションはかなり種類があるのでそこから選ぶのは結構大変。どのベビーローションでも大丈夫!と言えれば良いのですが、中には肌似合っていなくてあれてしまうということもあります。正直かなりこわいんですよね・・・。
 
 
どのベビーローションを使うのかはママが選ぶ必要があります。
 
そして今どれにしようかな・・・と悩んでいる間にも赤ちゃんの肌は乾燥によってひどくなっていきますので、できるだけ早くケアしてあげたいですね。
 
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤は?