ヒルドイドはおそらく、赤ちゃんの肌トラブルの琴で病院に行った時にもらったものですよね。病院行くとお医者さんにもよりますがヒルドイドかワセリンを処方されるような気がします。
 
乾燥や湿疹で見ているのも辛い状態の赤ちゃんの肌。
そんな肌を見てたからこそ、病院でもらったヒルドイドでよくなる!と思うんですが、実際使ってみて効かないとわかると結構なショックがあります。
 
その辺でかったものなら「まあ市販のだしな・・・」で済ませられるんですが、病院でしかもお医者さんから処方されたものなわけですから「ずっとよくならないんじゃ・・・」と悪い方向に考えてしまいますよね。
 
 
 

ヒルドイドの使い方は合ってる?

ヒルドイドは薬ではなく、あくまでも保湿剤なのでお肌に水分を与えてくれるのが役割。湿疹とかをバッチリ治すといわけではありません。

そして一応使い方も大事。まあ基本的には普通に塗れば良いのですが、例えば塗るヒルドイドの量が少なかったりしたら当然あまり効果はないですよね。

こういうのってどうしてもケチってしまいがちなのでたっぷり塗ってあげてください。
  
 
また、塗る回数ですが沐浴後の一日一回は当然塗っていると思うのですができれば1日2回は塗ったほうが良いです。赤ちゃんによっては一日一回だとたりないこともあるでしょうから。
 
 
そして当然、こういった塗り方をしているのによくならないということもあります。
  
 
 

ヒルドイドが効かないことも当然ある

大人も合うスキンケア製品合わないスキンケア製品ありますよね。
私も先日Amazonで結構評価が高かった乳液を買ったのですが、それを買うに塗った途端ピリピリと痛みが始まってめちゃくちゃ痛かったです。
 
大人でも合う合わないがあるわけですから、当然赤ちゃんにも合わない保湿剤はあります。そしてそれは病院でもらうものでも市販のものでも一緒です。
 
 

成分であれないだけまし?

ヒルドイドをつかって効かないとのことですが、症状は悪化していますか?保湿剤の場合肌にあっていないと成分のせいで肌が荒れることがあります。
 
成分で荒れるのは当然赤ちゃんにとっても辛いですから、荒れていないようなら一応一安心。
 
 
 

保湿するなら別のものを!

ヒルドイドは薬ではないのですぐに効果があるというわけでもないですから使い続けるというのも一つですし、他の保湿クリーム等を使うという手段もあります。
 
今回のヒルドイドのことでわかったと思いますが、赤ちゃんの体質に合っていないと意味がありませんし、実際に使わないとことにはそれがわかりません。
 
 
実際ヒルドイドで良くなった!という人も多くいるわけですからね。ただ、あなたのお子さんにはあわなかっただけです。
 
 
どういう保湿クリームを使ってあげるのかは色々な考えが人によってあります。
 
『とにかく安いものがいい!』
『赤ちゃんの肌に優しいものがいい!』
 
保湿効果などは実際に使わないとわかりませんが、やっぱり荒れてしまいやすい保湿剤とかは避けるべきですし、成分にも気をつけたほうがいいでしょう。
 
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら