赤ちゃんの保湿をする時に成分を調べていると気になるのが界面活性剤の存在。

界面活性剤といえば洗剤に使われることが多いですが、肌に直接当たるとよくないというイメージがあります。

でも本当に界面活性剤はよくないのでしょうか。
 
 

界面活性剤自体はそこまで悪いものではない!

『界面活性剤=肌に悪いもの!』
というイメージがすっごい広まっていて、どの商品でも界面活性剤が入っているかどうかが心配になる部分があるでしょうが、実際界面活性剤はそんなに悪いものでは無いんです。
 
界面活性剤自体は、水と油のようなまじりにくい成分を分離しないようにしてくれたり、成分が肌に浸透し易いようにしてくれる役割があります。 
 
そのため赤ちゃんの保湿剤を始めとした色々なスキンケア製品にとって使うことが多い成分になります。
 
 

よくないという点も一応ある

もちろん、界面活性剤自体がよくないと言われる理由もあります。

それが肌の皮脂と馴染んだ時に皮膚から水分がなくなりやすくなること。
赤ちゃんの肌は乾燥している状態ですからそこからさらに水分がぬけるとなるとかなり大変です。
 
でもスキンケア用につかうもの、特に赤ちゃんが使うものなかに関してはそういったところも改善されていますから心配はないでしょう。
 
 
もし塗ってそういう症状が多くの人に荒れば普通に発売中止になりますからね。
 
 

石油系合成界面活性剤には注意?


界面活性剤と一言にいっても色々な界面活性剤があります。

使われる用途によってどの界面活性剤を使うのかというのは違うのですが、注意しておきたい種類の界面活性剤もあるんです。

それが『石油系合成界面活性剤』
 
 

肌のバリア機能を壊してしまう。

石油系合成界面活性剤は角質層を破壊してしまうと言われています。

角質層が破壊されバリア機能が破壊されてしまうと赤ちゃんの皮膚は守るものがなくなってしまうので、外からの刺激をもろにうけ湿疹等の肌トラブルが起こります。
 
 
だからこそ石油系合成界面活性剤を使わない製品が多いんです。 
 
 

問題ないという意見も。

ただこれは一つの意見で、石油系合成界面活性剤も問題ないという意見もあります。

界面活性剤自体は必要な成分なのですが、いいのか悪いのかというのは人によって意見が全然違うんですよね。
 
でも本当に危険な成分が配合されている製品だったら品質チェックの時点で弾かれますから、現在販売している商品に関してはそこまで心配しなくてもいいかと。
 
 
 

アロベビーが安心して使えます。

赤ちゃんの保湿をするのに成分が心配!という場合は、アロベビーがおすすめです。

石油系合成界面活性剤はもちろんのこと、素材についてもできるだけ赤ちゃんに優しい物を選んでいて、天然素材99%となっています。
 
オーガニック製品と言うと最近ママたちの間でも人気なカテゴリーですよね。
実際アロベビーも通販サイトでもかなり売れています。
  
 
ネットだけじゃなくて店舗で販売していることもありますから、そちらでも購入できますね。
 
人気ということからも分かる通り、乾燥にもしっかりと効果があります。
この辺は使ってみないとわからないところですけどね。
 
>>アロベビーを使ってみた感想と口コミはこちら