ヒルドイドは病院に行って処方されたと思いますが、そのヒルドイドを使ったら赤ちゃんの肌が赤くなってしまっている・・・。
 
市販品だったらそれが粗悪な品だなって思えるんですが、病院でもらったものでみんなが使っているものでそういう反応が出るとどうしたらいいのかわからなくなります。
 
 
ヒルドイドをそのまま使い続けても大丈夫なんでしょうか?
 
 
 

ヒルドイドで赤くなるのは体質に合わないから!

ヒルドイドを使って赤ちゃんの皮膚が赤くなってしまった原因はとっても簡単です。
 
それは赤ちゃんの肌に合っていなかったから。
 
  
保湿剤にかぎらずですが、どの製品も成分は違いますし、赤ちゃんにもそれぞれ体質がありますからどうしても可だに合う合わないというのは出てきてしまうんです。

それは、仕方がないことで病院で貰ったもの、市販品どれにおいても起こります。
 
 
あなたのお子さんの体質にはヒルドイドが合っていなかったということなのでしょう。
 
 

血行促進作用に注意

ヒルドイド自体は病院で処方されるくらいの安心できる保湿剤なのですが、一つ気になるのが血行促進作用です。

本来ならば肌のターンオーバーを促すわけですからいいのですが、すでに肌があれて赤くなったりしているところに使うと、血行が促進されて痛みや痒みがひどくなることがあります。
 
 
 

今後の使用はSTOP

すでにヒルドイドを使っている段階で赤ちゃんが赤くなってしまっているようならば使うのをSTOPしましょう。

肌に合っていないものを使い続けてもそのうち合うなんてことはなくずっとよくない反応が出てしまいますからとりあえずSTOPしてそのヒルドイドを出してくれた病院に行くことが大切です。
 
合う合わないは仕方がないことですからね。
 
 

ヒルドイド以外の方法で保湿をしましょう

もちろんヒルドイドが聞かなかったからといって保湿をしないというわけにも行きませんから、今後は別のものを使って保湿をしていく必要があります。
 
方法としては二つ。

一つは病院に行って新しい薬をもらうこと。
ヒルドイドが合わなかったということを使えれば代わりの保湿剤を処方されるでしょうからそれを塗るようにすればOK。
 
もう一つは市販の保湿剤を使うことですね。
市販のものもかなり保湿力が高いものがありますし、薬局や医師がおすすめする市販のものもあったりしますので、赤ちゃんに合ったものを選べば大丈夫です。
 
 
ヒルドイドがで赤くなってしまったことからも分かる通り、大事なのは赤ちゃんに合うかどうかですから、赤ちゃんの肌にしっかりと使えるものをさがしてあげてください。
 
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら