赤ちゃん用の保湿剤を選ぶのもとっても大変ですよね。
大事な赤ちゃんなので何を使えばいいのかもかなり慎重になってしまいます。
 
特に敏感肌のとっても肌が弱い赤ちゃんやアトピーの疑惑がある子などになると保湿剤が原因で更に悪化してしまったら最悪ですからね・・・。
 
今ですら痛々しいのに更に悪化したら本当にかわいそうですから。
 
 
赤ちゃんにとって保湿はとっても重要です。
保湿がちゃんとできなければ、赤ちゃんのバリア機能はどんどん弱ってしまって赤ちゃんの肌は荒れていってしまいます。
 
できるだけ早く保湿してあげたいですね・・・。
 

敏感肌用の保湿剤は何を基準に選ぶの?

もちろん基本的に肌にぬるスキンケア製品は肌に刺激がないようには作られています。
 
またさらに赤ちゃん用のものとなるとかなりこだわって作られているでしょうから大体の製品に関しては大丈夫でしょう。
 
 
ただ、やっぱり中には「○○を使ったら荒れたよー」という意見が多い製品があるのも事実。

実際は赤ちゃんに合っているかどうかなので敏感肌の子が使っても平気なことはあるのですが、やっぱり怖いですよね。
 
 
敏感肌の子におすすめの保湿剤は色々とあるのですが、その中でもおすすめの2つを紹介します。
 
 
  

敏感肌におすすめなのはこれ!

アロベビー

敏感肌の赤ちゃんにとって怖いのがその成分ですよね。
どうしても良くない成分などが入っていないか気になってしまいます。
 
アロベビーは99%天然由来の素材で作られているので、成分的なことはとっても安心なんですよね。実際塗った感覚も良さげでスーッと馴染んでしっとり感ありでした。
 
香りのラベンダーが好き嫌いあるとは思いますが、それが気にならないようならおすすめです。
 
>>アロベビーを使ってみた乾燥はこちら
 
 

アトピタ

赤ちゃん用の製品として有名なアトピタも敏感肌の子におすすめです。
 
価格がかなり安いですから、お財布にかなり優しいですね。
ローションタイプのほうはすっごい塗りやすいんですが、保湿力が高いという感じではないので、クリームタイプとの使い分けは必要です。
 
個人的にはクリームタイプのほうがおすすめです。
クリームタイプは白残りがちょっと気になりますが、保湿はバッチリ。

アトピタ ベビークリーム

新品価格
¥464から
(2017/8/7 21:59時点)


 
 

敏感肌の子を保湿してあげるときのポイントは?

まずは、保湿剤は肌にいいと言われてる物を選ぶのは大切です。
 
ただ、どの保湿剤でも荒れてしまう可能性はあるんです。病院で貰ったものでさえ荒れてしまった・・・という方もいますから、つかってみないことにはわからないんです。
 
なので、まずはパッチテストをしましょう。
 
 
パッチテストは、赤ちゃんの二の腕の内側に500円ぐらいの大きさで塗ってみて24時間放置して赤ちゃんの肌に合うかどうか見る方法です。
 
いきなり全身に塗ってあってなければ全身かぶれるなんて怖いこともありますから事前のチェックは忘れずに・・・。
 
 

塗り方は優しく!

保湿剤を塗るときにゴシゴシと塗り込むようにぬったりすると肌が傷ついちゃったりしますので、肌に塗るときには優しくやってあげてください。
 
塗る方向は上から下の一方通行、もしくはシワに沿って横向きです。下から上は肌をきずつけてしまうので気をつけてください。