アトピタは、色々なところで売っていますし価格も手軽なので使っているママは多いのではないでしょうか。
 
もちろん、保湿クリームは個人差がありますから赤ちゃんに合う合わないのトラブルはありますし、場合によっては逆にあれちゃった・・・なんてレビューもあるくらいですから、ママとしてはどうなのかな?とおもってしまうのは当たり前でしょう。
 
このページではそんなアトピタについて色々な情報を紹介していますので、ぜひ赤ちゃんへの保湿の参考にしてください。
 
 

アトピタの簡単な説明

成分について

最近はネットや育児雑誌なんかでも成分が問題視されることが多くなっており、赤ちゃんに対してそれをつかっていいのか不安になっちゃいますよね。
 
アトピタにはいくつか種類がありますが、そこまで成分が変わるわけではなく、例えばローションタイプにはこんな感じの成分が含まれています。


 
難しい名前過ぎてよくわからないものが書かれているかもしれませんが、特に問題になるような成分は見受けられませんね。
 
やっぱりちゃんとした企業が作っているということもありますし、今の御時世やばい成分なんか入れてたらすぐに炎上しちゃいますから、そこは安心してOKです。
 
 

ステロイドは入っているの?

ステロイドはアトピーや強い乳児湿疹の症状を抑える時に使われる薬ですが、アトピタには入っていません。
 
なので、赤ちゃんに対してステロイドを使うことに拒否感があるママも安心して使えます。
(ステロイドがいいか悪いかは別の問題ですが・・・)
 
おそらく、昔アトピタを使った人が「ステロイドが入っていると思ってしまうくらい良くなった」と書いたのが、アトピタにステロイドが入ってると言われる原因になってしまったのかと思います。
 
 
 

口コミ、評価

価格はちょっと高いけど、冬のカサカサにはおすすめ~
親の敏感肌にも使える
いうほどアトピタが効果あるって感じではないけれど、他の保湿よりかはいいなーって感じ
しっとり感がたりなくうちの子にはあまり効果がなかった
個人手によって合う合わないはあるけど、きれいになったのでrepeatしてます。
お風呂上がりのスキンケアはこれだけにしたけども今のところ問題はなさそう
乳液タイプなのにちょっとサラッとしすぎというかしっとり系ではない感じ。乾燥がひどい子には向かなそう。

あまり効果がなかったという意見もありますが、全体的に見てみると評価が高いように感じます。

大手の会社が出している製品ですし、これだけ多くのママが赤ちゃんにつかっているわけですから、合う合わないは使ってみないことにはわからないにしても、安心して塗ってみることはできるのではないでしょうか。
 
 
 

赤ちゃんへの使用について

アトピタという製品が赤ちゃんにどの程度使えるのか、どこまで使えるのかというのはママとして使う前に把握しておきたいところ。
 
保湿クリームと一言に言っても今は色々な製品が各メーカーから出ていますから商品語に使い方が違ったりしますからね。
 

いつからいつまで

アトピタは公式サイトでも説明されていますが、新生児の頃より使うことができます。
 
購入したけど、いざ塗って良いのかわからないという心配はないということですね。
 
いつまでというのは難しいところです。
アトピタを使うことに期限はありませんから、他の保湿剤同様様子を見てという感じでしょうね。
 
 

あせもにもつかえる?

あせもの一番の解決策は汗がたまらないようにこまめに拭いてあげたり、通気性をよくしたりすることでしょうが、アトピタを塗れるかどうかに関してはOKでしょう。

ただし、アトピタを塗ればあせもが治るというわけではないのでそこは注意してください。
 
 

アトピーには?

アトピタという名前から、アトピーにめちゃくちゃ効果があると勘違いされがちですが、アトピタ自体にアトピーを完治させる効果があるわけではありません。
 
アトピーには保湿は重要ではありますが、ステロイドがふくまれているわけではありませんからね。
 
アトピーに対してアトピタを使ってはダメ!というわけではなく、そもそもアトピーの治療については医師の診断に従うべきです。
 
 

アトピタの使い方

アトピタの使い方は他の保湿クリーム、ローションと一緒です。
毎日赤ちゃんの肌に塗ってあげてください。
 
頻度については、赤ちゃんによっても変わるので難しいところですが、育児本なんかでは沐浴後に塗ることが推奨されていますね。
 
ですが、様子を見て沐浴後だけで足りなそうなら都度塗ってあげましょう。
 
 
保湿のときの塗り方についてですが、アトピタを適量手にとって赤ちゃんの皮膚を上から下になぞるように塗っていくと赤ちゃんの肌に刺激を与えずに塗れるはずです。
 
足方向から上に向かって塗ろうとすると皮膚の流れに逆らってダメージを与えてしまうそうなので、優しく上から下の一方通行で塗ってあげてください。
 
 
 

購入できる場所

アトピタは色々なところで販売されているので、売ってないよー!というのはあまりないかと思います。
 
薬局なら置いているところが多いかとは思いますが、もしなければネットでも購入することができます。
 
店舗での価格はセールとかもありますからなんとも言えませんが、Amazonだとこんな感じですね。

アトピタ ベビーローション 乳液タイプ 120ml

新品価格
¥458から
(2018/10/16 11:19時点)

アトピタ ベビークリーム

新品価格
¥464から
(2018/10/16 11:20時点)

赤ちゃんが使うものに対しては価格で判断するよりも使い心地や効果なんかで判断したいところではありますが、とりあえず合うかどうか使って見る価値はあるのではないでしょうか。