lae
 
赤ちゃんが肌荒れをおこしてしまう原因というのはいくつもあるわけですが、以外とよだれも赤ちゃんの肌荒れの原因になります。
 
よだれかぶれは赤ちゃんに起こりやすい肌トラブルですが、放置をするとそのまま悪化してしまう可能性もあるので、はやめにしっかりとケアしておきたいですね。
 
よだれ自体毎日出ているものですから、よだれかぶれがあるところに色々刺激があればよりひどくなりますから。
 
 

よだれかぶれのの原因

fal
 
赤ちゃんをみているとわかりますが、よだれすごいですよね。
よだれかけというアイテムが赤ちゃんの基本装備になるくらいですからその量はかなりのものです。
 
よだれをなくすということはできませんし、よだれがあることによって食べ物を消化しやすくしたり、口の中を清潔にするという役割もあります。

メリットはありますが、よだれかぶれをおこしてしまうのはこまります。
 
 

よだれかぶれはどうやってケアしたら良いの?

  
よだれかぶれをケアする、予防するといってもすぐによくなるというわけではなく、日々の積み重ねが重要になります。

よだれかぶれケアのポイントとしては、こんな感じでしょう。

  • 拭くものを肌に優しいものに
  • こすらないように拭く
  • 拭いたら保湿

詳しく見てみましょう。

ちなみに、病院でかぶれをおさえる薬をもらっている場合はしっかりと薬を塗ってあげてください。
 
 

よだれをふくもの

eajl3
 
まずよだれを拭くものについてです。

よだれかぶれを起こしてしまっている方に多いのが普通のタオルとかティッシュとかで拭いてしまっているということなんですよね。

私達が大人がタオルで肌を拭くのとは全然ちがいます。
まず赤ちゃんは肌がとっても弱いというポイントがあるんです。
 
  
肌が弱いためタオルなどような拭いてしまうと傷をつけてしまいます。

ですので拭くときに使うものにも気をつけなければいけません。
赤ちゃんのよだれを拭くときには、手口拭きなどのような専用の優しいシートを使うか、もしくは濡らしたガーゼでふいてあげるようにしてください。
 
そして拭き方も大事になります。
 
 

肌を傷つけないよだれの拭き方

3h4kl
 
こするとそれだけダメージを与えてしまいますので、よだれを拭くときは押さえるようにふいてあげてください。
 
そして拭いた後は保湿をしてあげましょう。
保湿は乾燥を対策し、肌のバリア機能を正常にしてくれます。

しっかり保湿できていればよだれかぶれをはじめ他の肌トラブルも起こりにくくしてくれるんです。

詳しくはこちらをご覧ください
赤ちゃんは拭いたら保湿が大事!
 
 
また、よだれかぶれといことは口周りだったり、指とかを中心に使うわけですから赤ちゃんが保湿剤をなめてしまうことがあります。

なので、使う保湿剤はできるだけ成分がいいものを使ってあげてください。
>>赤ちゃんが保湿剤をなめる・・・なめても大丈夫な保湿剤は?