ステロイドというとどうしても悪い印象がありますよね。

調べてもステロイドは悪いもの!という意見とステロイドはいいもの!という意見があって正直どっちが正しいのかわからなくなってしまいます。
 
 
ステロイドは一回使えばOKというわけではなくてある程度使い続ける必要があるわけなのですが、本当に使い続けて大丈夫なのでしょうか。
 
 
 

デマが多いステロイド情報に注意!

体内に蓄積していくって話

ステロイドを使うと体内にどんどん蓄積されていって悪い影響がおこると言われています。

でも実際のところ赤ちゃんの肌にステロイドをつかってそれが体内に蓄積されていくということはありません。
そもそもステロイドというのはそういうものではありませんしね。
 
ただ、例えばステロイドを親の勝って判断で途中でやめたりすると症状がぶり返すなどはありますので、使い方はしっかりと医師に言われたとおりに行う必要は愛rマス。
 
 

顔が丸くなったり骨に影響が…

ステロイドを使うと顔が丸くなるなどの副作用が起こると言われていますが、赤ちゃんの湿疹をケアするために肌にぬるだけならそういったことは起こりません。
 
顔が丸くなるのは、たとえば飲む対イプのステロイドだったり注射で体内に入れたりする方法の時ですね。
この場合は注意が必要です。
 
 

やめられなくなるって・・・

ステロイド自体は使い続けてもやめられなくなるといったことはありません。

依存性があったりするものではないです。
ただ症状がおさまらないうちは使わないとだめですから場合によってはある程度の期間使い続けることにはなるでしょうけどね。
 
 
内服するタイプのステロイドだといろいろとあるのですが、外用のものならば医師の診断に従えば大丈夫です。
 
 
 

長期使うと副作用出る!でも心配なし

ステロイドは副作用がまったくない魔法の薬というわけではありません。
これは本当の事です。

ステロイドの副作用として有名なものは、皮膚が薄くなっていくというもので、毛細血管の赤みが見える程になります。
 
ただ、これは長期間使い続けていた場合のことで症状に適切な量、適切な期間だったら問題ありません。
基本的に子供の場合は、1、2週間ぐらいが連続使用される目安と言われていますが、そこの判断は医師によって変わるでしょう。
 
 

長期使い続けるとやばいというのは誤解

ステロイドを使い続けるとステロイドなしじゃだめな体になって、色々な症状がえてきて~と怖い部分が誇張されて広まっていますが、ステロイドの知識を持ったお医者さんの診断どおりに使っていれば問題ありません。

お医者さんとしても、ステロイドをずっと使い続けるというより少しずつ減らしていく方法を取ると思いますからそれに従っていきましょう。