保湿というと乾燥とかアトピーとかのケア!という印象ですけど、実はおむつかぶれにもいいんですよ。

もちろん保湿効果がしっかりある保湿剤じゃないとダメですけどね。
 
 
赤ちゃんの肌、というか人間の肌は乾燥するとバリア機能がよわくなって外からの刺激をバンバンにうけてしまいます。

だから乾燥で湿疹とかがおきるわけなんです。

私も冬になると太ももにボツボツと湿疹が出てきちゃいますので、毎年毎年太ももに保湿剤ぬってますよ~泣
なぜか一部分だけあれます。
  
 
乾燥で肌が荒れるのはおしりもいっしょです。

おしりの肌が乾燥していれば、うんちやおしっこなどの刺激をモロに受けてしまいます。
だからおしりかぶれがおきやすいんです。

おしりかぶれは赤ちゃんもつらいですからね~。
 
 
 

保湿でうるおいを与えてあげればOK

赤ちゃんのおしりをしっかり保湿してあげれば、おむつかぶれも改善できるはずです!

毎日保湿剤をぺトぺとぬってあげてください。

もちろん保湿剤は肌にやさしくてちゃんとうるおうものじゃないといけません。

ワセリンを使う人もいますが、ワセリンは保護はできてもうるおいは全然ないですし、かゆみがおこることもあります。
べとべとして不快感もMAXですしね・・・。
 
 
保湿剤は製品によってうるおい加減が全然ちがいます。
つかってるのにぜんぜん効果ないよ~なんてのも多々ありますし、やすくてもすっごいうるおう保湿剤もあります。

あなたの赤ちゃんに合った保湿剤をつかってあげましょう。

>>おすすめの保湿剤はこちらで紹介しています。
 
 
 

おしりかぶれのケア方法

保湿することでおしりかぶれになりにくくすることはできるんですが、保湿すれば絶対におしりかぶれが治る、発生しなくなるというわけではありません。

保湿はあくまで、肌の守る力をかいふくさせてあげる役割ですので、守る力があがっても原因自体をどうにかすることができないとおむつかぶれは発生してしまいます。
 
 
おむつかぶれの原因になっているのは赤ちゃんのうんちやおしっこです。
これらは水分がありますから蒸れる原因にもなります。
 
 
でも自分のパンツの中ずっとおしっこやうんちがあることを考えたら・・・。

確かに肌荒れしそう!
というか気持ち悪さでそりゃ赤ちゃんもなきますわ。

おむつはこまめにチェック!
赤ちゃんがないたらおむつをチェックしますが、泣いて泣けどおしっこやうんちをしていることが結構あります。

なのでこまめにおむつはチェックしてしていたらすぐに代えてあげるのばベストです。

結局おむつかぶれって、うんちとかが長時間ついてるのが原因ですからね。
 
 
拭くときはこすらない
うんちついてるよー!と自分のおしりを拭くみたいにゴシゴシーっ!って拭くと赤ちゃんの肌にキズができてしまい、そこからおむつかぶれがおこります。

拭かないと!という気持ちがつよいとどうしてもいそいでゴシゴシふいちゃうんですけど、そことはいったんSTOP。
落ち着いてやさーしく拭いてあげましょう。
 
できれば、シャワーとか座浴なんかだとより肌にやさしいのでそっちのほうがいいんですけどね、ただ毎回それをやるのは大変かと。
 
洗うとき、女の子は前から後ろ向きに、男の子はおちんちんの裏側やシワのところもていねいにふいてあげましょう。
 
 
 
おしりを乾かす
シャワーをしたりしておしりを洗った後はすぐにおむつをつけないで、タオルでポンポンと水分をとったり、ちょっと放置しておしりの水分を乾かしてあげるといいですよ。

おむつってもれないように結構密閉されてるんでむれるんです。
濡れたまま履かせるのは蒸れの原因になりますから。

ドライヤーを弱で当てるという人もいますね。
 
 
もちろん保湿はわすれないですください!

ケアしてもよくない場合はカンジダかも!
 
 
 
オリーブオイルを使った方法も!?
あまり有名ではないんですが、オリーブオイルをつかった方法もあります。
 
 
おしりを拭くとき、すでにおむつかぶれがあって真っ赤になってると拭くことでまた悪化してしまうことも!

そんなときオリーブオイルをすこしだけつけて含ませて拭くことで肌を傷つけずにおしりを拭けます。
 
 
色んなところでいわれている方法じゃないのでどうなの?という意見もありますが、気になったかたはためしてみてください。

ポイントはオリーブオイルをつけすぎないことです!
 
 
 

治らないならカンジダの可能性も・・・

うーん。
しっかりケアはしてあげてるし、拭き方もちゃんとやってるのに全然赤みも引かないし、よくならない・・・

そんな場合、もしかしたらおむつかぶれじゃなかくカンジダ性皮膚炎かもしれません。

カンジダはいわゆるカビの一種で皮膚に感染して炎症を起こします。
 
 
おむつかぶれだったら自宅でのケアでだいたいケアすることはできるのですが、カンジダの場合、自分で治すのはかなりむずかしいですので、素直に病院にいって薬をもらうことをおすすめします。
 
 
 

関連記事

安いリーズナブルな赤ちゃん用保湿剤を紹介!
保湿剤の中で手軽なものって何?

赤ちゃんの首が赤いのは、3つの原因のせい!
首の湿疹もかなり起こりやすい肌トラブルです

赤ちゃんに保湿は必要?
保湿の必要性について

赤ちゃんの肌のかゆみを和らげる方法
おしりかぶれでかゆみを感じている場合はこちらの記事で