fjalle
 
赤ちゃんの口周りに湿疹がおきてしまっているという子は結構います。

口周りというのはやはり目につく場所ですし、デリケートな場所でもありますから、ケアを行おうにもどうしても困ってしまいますよね。
 
 
デリケートな分、そのまま放置するというわけにもいきません。

 
 
 

口周りに肌荒れが起こる原因

aaaaa
 
現在離乳食もしくは母乳、ミルク等で育てているとおもいますが、赤ちゃんは大人のようにきちんと食事ができているでしょうか?

赤ちゃんが食事をしたとき、母乳を飲んだときなど結構口周りがきたなくなってしまっていませんか?

実はこれが赤ちゃんの肌荒れの原因になります。
 
 
 

食べ残しによって肌荒れに

離乳食の食べ残しや口からこぼれたミルクなどが口についていることによって肌荒れの原因になってしまいます。
 
 
大人ならばそういったものではあまり肌荒れを起こさないでしょうが、赤ちゃんは大人と比べ、肌が弱いんです。

さらに乾燥によって肌のバリア機能がしっかりと働いていなければよりその影響をうけてしまいます。
 
 
 
 

拭くことでも肌荒れの原因に

ajle
 
まあ食べこぼしてしまったものなどをそのままにしているという人は少ないでしょうから基本的には、ミルクや離乳食等は拭いているとおもいます。

さすがに汚れたままにしておくというのはよくないですからね。
 
 
ただ、この拭くという行動でも実は肌荒れの原因になってしまうんですよね。

拭くという行為は皮膚が弱い赤ちゃんにとってかなりのダメージになります。

見た目からには傷とか全然ついていないように見えますが、傷ついてしまっているんですね・・・。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
赤ちゃんの食べこぼしは肌荒れの原因になります 
  
 
  

乾燥による肌荒れも

a
 
また食べこぼしだけが肌荒れの原因というわけではありません。

乾燥も肌荒れの原因になってしまいます。
 
 
顔というのは保湿をするのを躊躇ってしまうところでもあるのですし、何より口周りということでもし保湿剤が口にはいってしまったら・・・と考えるとどうしても保湿をしにくい部分でもあるわけです。

そのため乾燥してしまうんです。
 
 
 

口周りのケア方法!

  

口周りを優しく拭いてあげる!

3h4kl
 
当然口周りをしっかりとふいてあげるということが大事になります。

もちろん拭く際は赤ちゃんの肌を傷つけないように拭くことが大事です。

拭き方に関してはこちらの方法を参考にしてください。
 
 
ちなみに口周りを拭くときにはティッシュは使わないであげてください。

確かにティッシュってかなり便利には便利なんですが、よくみると細かい粉みたいのがたくさんあってそれが赤ちゃんの肌を傷つけてしまうことにつながります。
  
ですので、赤ちゃんの口周りを拭く場合は赤ちゃん用のウェットティッシュをつかってあげてください。

手口拭きなどという名前で販売されており、amazon等でも購入することができます。
 
 
肌が弱い赤ちゃんですからこういうところでも肌に優しいものをつかってあげることが大事なんです。
 
 
 

保湿で肌荒れを起こしにくくする!

jlae
 
赤ちゃんの口周りをしっかりと保湿することによって、口周りの湿疹を起こしにくくすることができます。
 
 
逆に言えば乾燥していれば、肌荒れが起こりやすくなるわけです。

もちろん普通の乾燥性の湿疹ケアにもなりますので、口周りもしっかりと保湿してあげましょう。
 
 
口周りに使う保湿剤ですが、特に気をつける必要があります。
口周りに塗るので、できれば口にはいっても大丈夫なものをつかってあげたいですね。

赤ちゃんって結構なめますから・・・。

赤ちゃんがなめても大丈夫な保湿剤はこちらのページで紹介していますのでぜひ参考にしてください。
赤ちゃんが保湿剤をなめる・・・なめても大丈夫な保湿剤は
 
  
 
 

参考なる記事はこちら

気になる!皮膚の役割と肌荒れが起きる原因!
そもそも口周りもそうなのですが、肌荒れが起こってしまう原因とは…..

赤ちゃんのよだれかぶれのケア方法はこちら
赤ちゃんはたくさんよだれを出しますが、そのせいで肌荒れを起こしてしまう可能性があります