オリーブオイルといえば、女性のスキンケアとしても最近話題になっていますよね。

もともと食べるものなわけですから、当然肌に優しいはず!
ということは赤ちゃんの乾燥した肌にも使うことができるわけです。

実際オリーブオイルを使っている人も多いのですが、本当に赤ちゃんの乾燥に使うことはできるのでしょうか。
 
 

オリーブオイルのこの成分がお肌にいい!

オリーブオイルには、食用として以外にもお肌に有用な成分がいくつか含まれています。

  • オレイン酸
  • スクワラン

この二つの成分が乾燥している肌にアプローチしてくれるわけです。
もちろん赤ちゃんだけでなく大人にも効果があります。

オレイン酸は人の皮膚に馴染みやすいのが特徴で、オリーブオイルが肌から水分が抜けるのを防いでくれる効果があります。

いわゆる鍋の蓋のような役割です。
もともとオレイン酸自体人の皮脂に近い成分なので、馴染みやすいそうです。
 
 
スクワランもオレイン酸同様肌に馴染みやすいという特徴があります。
さらに外からの刺激をガードするバリアとしても効果を発揮してくれます。

またその他にもお肌の乾燥に有効はビタミンAなどもオリーブオイルは含んでいるいるんです。
乾燥して湿疹ができてしまうような赤ちゃんの肌には必要といえるでしょう。
 
 
 

実はここがよくないオリーブオイル

こうしてみるとオリーブオイルは良いことばっかりで、しかもスーパーなので低価格大容量で手に入るので赤ちゃんにもかなりいいじゃん!

と思えてしまうのですが、実はただ普通にオリーブオイルをどばーっと赤ちゃんの肌に使ってしまうと逆に荒れてしまう可能性があります。
 
 

食用と美容用

おそらく赤ちゃんに使うオリーブオイルということで想像しているのってスーパーなどでも手軽に購入できる食用のオリーブオイルだと思います。

このオリーブオイルを使うのがいいという人もいますが、実際はあまりよくありません。
 
 
食用オリーブオイルと美容用のオリーブオイルというのは、原材料などは一緒でもその製造方法等に違いがあります。
一番の違いとしては『精製レベルが違う』ということでしょう。
 
 

食用は風味や味が大事!

食用オリーブオイルの役割としてあるのは、美容ではなく味や風味といったもの。
つまりオリーブオイルを作る際に味や風味を残すように作られているということです。

精製、ろ過のレベルをあえて落として風味がのこるようにしています。

また、当然肌に使うということを考えて作られているわけでもありませんので、そういった検査もしていないでしょう。
肌に使うのと口に入れるのでは全然ちがいますからね。
 
 

美容用は不純物を取り除く!

美容用においては味なんかいらないですから、しっかりとろ過、精製してそういったものを取り除くようにしています。

また肌に使うわけなので検査をしているというのも大きいですね。
 
 
 

赤ちゃんの乾燥に使うなら美容用

赤ちゃんにオリーブオイルを使うという場合は、食用のオリーブオイルではなく美容用のオリーブオイルを使うようにしてください。
 
 
食用のオリーブオイルに含まれている不純物によって赤ちゃんの肌が荒れてしまうというケースもありますからね。

ただ、当然ですが食用のオリーブオイルに比べて美容用のオリーブオイルは価格が高くなります。

そして特に肌が弱い赤ちゃんにつかうわけですから、やすいものは避けたほうがいいでしょう。
 
 
オリーブオイルにこだわって使うというメリットは正直なところないと思います。
ですが、オリーブオイルに含まれているスクワランやオレイン酸といった成分自体は赤ちゃんの乾燥にしっかりと働いてくれるんですよね。

なので、オリーブオイルをそのまま使うというよりもオリーブオイルの成分を含んでいるものを使うのが一番おすすめです。

しっかりと赤ちゃんの肌に使っても大丈夫な用になっているでしょうし、他の保湿成分も含んでいますから、オリーブオイル成分と合わせて赤ちゃんの肌をバッチリケアしてくれるはずです。
 
 

オリーブオイルの成分を含んでいる保湿クリーム

オリーブオイル成分を含んでいるものだと今人気なのは、【アロベビー】です。
 

 
オリーブオイルを使っていることからもわかりますが、アロベビーの成分というのは99%天然素材で作られているので、乾燥して敏感な肌の赤ちゃんにも安心して使えます。
どうしても添加物などに対する不安なんかが最近ありますからね。

香りがちょっと気になるという人もいますが、保湿効果も高く乾燥した肌にしっかりと馴染んでくれる感じでした。

>>アロベビーを実際に使ってみたレビューはこちら