毎日、赤ちゃんの湿疹だらけの肌を見るというのはママとしても辛いところがあります。

早く治ってほしい。
できれば変わってあげたい。
いつ治るのか。

毎日毎日不安になりますよね。
 
 
 

乳児湿疹は種類によって期間が違う

乳児湿疹はいつ治るのかということですが、すっごいアバウトに行ってしまえば1歳ぐらいまでといった感じです。

ですがこれはあくまでもすっごいおおまかに見た場合です。
実際乳児湿疹と一言に言っても種類がありますからそれによっていつ治るのかというのも変わってきます。
 
 

脂漏性湿疹は生後2、3ヶ月くらいまで

脂漏性湿疹は赤ちゃんから出る皮脂が原因となって起こる乳児湿疹です。

頭皮にブヨブヨの塊ができたり、ニキビみたいなのができるのが特徴ですね。
原因としては、ママから胎内で貰ったホルモンの影響で大量に皮脂が出ているからです。
 
 
この脂漏性湿疹は生後2、3ヶ月くらいまで続きます。
そのぐらいまで立つと赤ちゃんの過剰に出る皮脂もなくなりますので、そういった症状は出なくなるんですよね。 
 
 

乾燥性湿疹は1歳くらいまで

次は乾燥による乳児湿疹です。
脂漏性湿疹が終わり今度は皮脂が出づらくなると今度は肌が乾燥するため湿疹等とが出てきます。

正確にいうと、脂漏性湿疹の期間も体などの皮脂が出づらい場所に関しては乾燥で湿疹を起こしやすいんですけどね。
 
 
乾燥性の湿疹はだいたい1歳ぐらいまで続きます。

もちろんその後も赤ちゃんの肌がよわかったり極度に乾燥していれば湿疹が起こることはありますけどね。
 
 
 

しっかりケアしてあげればキレイな肌に!


どちらの湿疹もいつ治るのか心配になるほど不安になりますが、毎日しっかりとケアをしてあげれば症状を抑えることができます。
 
1歳にはどうせ治るから今はほっぽり放しでもいいや~というわけには行きません。
放っておけば症状がひどくなり感染症などにもつながっていきますので、乳児湿疹ではすまないこともあります。
 
まあそこまでひどくなる場合は、事前にステロイドなどを使って症状を抑えると思いますけどね。
 
 

清潔にすること保湿をすること。

乳児湿疹をよくするためには、清潔にすることと保湿をすることが大切になります。

まず2、3ヶ月ぐらいまでに起こる脂漏性湿疹に関してですがこれは皮脂を余分な皮脂をしっかりと落としてあげることが必要です。
 
 
毎日お風呂に入れてあげていると思いますが、ベビーソープ等を使ってしっかり洗ってあげてください。
そしてお風呂上がりには保湿をして乾燥させないようにしましょう。

乾燥するとそれを防ごうと余計な皮脂が出ますからね。
 
 

保湿をする

脂漏性湿疹の期間も何ですが、その後の乾燥性湿疹が出る時期もしっかりと保湿をすることが大切です。
 
保湿はお風呂上がりはもちろん、様子見を見て日中にもやってあげるといいかと。
 
 
そして使う保湿剤ですが、きちんと効果のあるものを使ってください。

結構あまり効果がない(赤ちゃんに合ってない)保湿剤をずっと使い続けている人がいるみたいです。
 
 
赤ちゃんに合うかどうかというのは、使ってみないとわからない事ではありますが、赤ちゃんに合った物を探してあげましょう。
 
 
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキングはこちら