ajle
 
赤ちゃんを保湿するということは当たり前のことです。
 
 
でも実際保湿をするとなったら、どの保湿剤を使って保湿をすればいいのかって迷いますよね。

もちろん赤ちゃんに使わないほうがいい保湿剤もあるんです。
 
 
赤ちゃんをしっかりと保湿したい!という方は、どういった保湿剤を選べばいいのかチェックしましょう!
 
 
 

保湿剤選びの選び方ポイント

jlae
 

保湿剤を選ぶポイントというのはいくつかあります。

もちろん人によって多少は違うとはおもいますが、私がおもう赤ちゃんに使う保湿剤選びに大事なことはこの5つです。
 

 
 
 

保湿効果がしっかりある

ale
 
まずはやはり保湿剤ですから、きちんと赤ちゃんの肌を保湿できないことには始まりません。

世の中には色々な製品があります。

基本的に保湿剤として販売されているわけですから、保湿効果はあるでしょうが、中には本当に保湿効果があるのか・・・というようなものがあることもあります。
 
  
 

赤ちゃんの肌にも優しい

jlale
 
赤ちゃんというのは大人と比べて肌が薄く、デリケート。

だからこそ保湿剤をつかってあげるわけですが、やはり保湿剤というのは製品によって成分が違います。

中には赤ちゃんが使ったらその成分が反応して肌荒れをおこしてしまったという場合もあるんです。
 

また赤ちゃんの口周りや手を保湿することもありますので、当然口の中にはいってしまうこともあります。

体によくない成分が体内に入るのはいいことではありませんから、赤ちゃん用の保湿剤ならばそういう所で選ぶのも重要になるでしょう。
 
 
  

赤ちゃんに合っている

fe
 
結局その保湿剤を使うのは赤ちゃんですので、実際に使って見るということが大事ですね。

保湿効果や肌にいいかというのは当然なのですが、べた付きや香りなどは人それぞれ感じ方が違います。
 
 
赤ちゃんの肌を実験のように使うのはちょっと・・・と抵抗感を感じる人もいるでしょうが、毎日赤ちゃんの肌に使うものなわけですから、保湿剤選びにはこだわって欲しいですね。

赤ちゃんに合わない保湿剤をつかったとしても意味がありませんし、赤ちゃんにとっても不快に感じる場合もあるでしょうから、つかってみてからそれが良い製品なのか判断するようにしてください。
 
 
ただやはり人気の製品というのはそれだけ多くの赤ちゃんを保湿できているというわけですから、あなたの赤ちゃんもきちんと保湿してくれる可能性が高いでしょう。
 
 
 

お母さんが使いやすい

fae3ad
 
直接赤ちゃんに関係があるというわけではありませんが、やはりお母さんやお父さんが使いやすいというのも重要になります。

赤ちゃんに塗るといってもそれを使うのはお母さん、お父さんになりますので、ぬりにくかったり、持ち運びが不便だったりしたら毎日つかうものなわけですから負担になってしまうことも少なくないでしょう。
 
 
毎日使ってあげるものだからこそ出来るだけ使いやすいものを選ぶことをおすすめします。
 
 
また、赤ちゃん用の製品というのは肌にいいものがほとんどですから赤ちゃんだけでなくお母さんにも使うことができます。

結構、赤ちゃんと一緒の保湿剤を使ってスキンケアを行っているという人も多いみたいですね。
 
  
 

価格がお手ごろ

fae
 
やはり購入するということですから、当然金銭面での問題もでてきます。

保湿剤には様々な種類があるわけですから当然その価格というのはそれぞれ違います。

結構高い製品から安い製品まで様々ですし、家庭によってどれだけお金をつかえるのかというのも異なるでしょう。
 
 
保湿剤は一個購入すればOKというわけではありません。

保湿剤一個では平均的に1ヶ月~2ヶ月くらいしかもちませんのでそれが終わればまた購入する必要があります。

そのため商品の価格が高ければそれだけお財布に大ダメージになってしまいますよね。
 
 
赤ちゃんが生まれたということで保湿剤以外にも色々とお金がかかる時期ですからある程度金額は抑えたほうがいいかとおもいます。

もちろんじゃあ一番安い製品で!となってしまうと安ければ質が落ちますからよくない製品と出会う可能性もありますから、安すぎず高すぎずといった製品をえらびましょう。
  
  
 
上記が保湿剤の選び方になります。

じゃあどんな保湿剤を選べばいいの?ということですが、実際使ってみて良かったもの、ママ達に人気の保湿剤をこちらで紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。
 
 
 

この記事の関連記事

赤ちゃんに使うステロイドの副作用について
肌トラブルの症状がひどくなればステロイドを使うことになる可能性もあります。

赤ちゃんにワセリンは使える?ワセリンを使った保湿
赤ちゃんのために使われることが多いワセリンについて