s
 
赤ちゃんの体全体に発疹が!

子供の一部分に発疹があるだけでも心配になるのに体全身に発疹があるとおもったらかなり心配になります。
 
 
ですがこの突発性発疹というのは実は、結構多く赤ちゃんがかかるものなんです。

そのためこの突発性発疹による発熱が「はじめての発熱」という子も多いようです。
 
 
ではそんな突発性発疹とはどのような症状がある病気なのでしょうか。

もしそれが起こったときのために対策方法もチェックしておきましょう。
  
  
 

突発性発疹ってどんな病気?

突発性発疹は2歳くらいまでの赤ちゃんに起こる病気になります。

一番多いのは生後4ヶ月から5ヶ月の間ですが、それ以外の時にも起こりますので注意してください。
 
 
 

突然の高熱

突発性発疹はまず、突然の高熱から始まります。

予兆などがなくいきなり39度~40度の高熱を出しますのでお母さんとしてかなり心配になるでしょう。
 
 
ただ赤ちゃん自身は熱が出ているわりにはケロッとしており元気なことが多いようです。
熱自体は3、4日続きます。

突発性発疹を知らないヒトからすると風邪かな?とも思いますが、赤ちゃんは鼻水やセキなどが全くありませんので風邪ではないということはすぐにわかるでしょう。
 
 
熱によっては赤ちゃんによって熱性痙攣を起こしてしまう赤ちゃんもいますので注意しましょう。
熱性痙攣の対策方法などはこちら(準備中)
 
赤ちゃんが高熱なのに割と元気という場合が多いのですが、中にはゲリや嘔吐などをする赤ちゃんもいます。
 
da
 
 

高熱が収まった後の発疹

いきなり39度~40度の高熱から始まるのですが、その高熱が突然下がると、翌日からは全身に赤い発疹が出始めます。

この発疹ですが、大きいものから小さいものまで不規則で、表面というより皮膚の中から赤くなっているように見えるのが特徴です。
 
 
顔やお腹、背中などとにかく体全身に出ますので親としては結構あわててしまう場合が多いですね。
ただこの発疹自体はかゆみもありませんので、赤ちゃんがかき壊してしまうという心配もありませんし、その発疹の後が残ってしまうということもなく4、5日で収まりどんどん薄くなっていきます。
 
 
 

突発性発疹の原因

突発性発疹って何でかかっちゃうの?

防ぐことが出来るのならば、防げたほうが当然いいですよね。
 
 

ウイルスに感染することが原因

突発性発疹はウイルスによって起こる病気です。

そのウイルスがヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)といわれるものなのですが、あまり聞きなれない名前ですよね。
 
 
このウイルスは唾液の中に存在しており、家族と同じ食器を使ったり、口移しで移ることが原因とされています。
一度このウイルスに感染すると免疫ができますので、基本的にはもう一度ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)に感染するということはありません。
 
 
ただ似たような症状を起こすヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)に感染することもありますので、二回同じかかる可能性があると考えておいたほうがいいかとおもいます。

実はまだ色々と分かっていないことが多いため色々なところで研究されている病気です。
 
 
 

突発性発疹の対策方法

もしかしたら明日自分の赤ちゃんが突発性発疹をおこしてしまうかもしれない!

そんなときにしっかりと対処出来るように対策方法をチェックしておきましょう。
 
 
 

熱が出たら様子を見る

ee3

赤ちゃんが高熱をだした!となるとやはり親としてもかなり心配になりますよね。

赤ちゃんによっては熱性痙攣をおこしてしまう場合もあります。
 
 
ですが、高熱が出ているのに赤ちゃんが元気というのならば突発性発疹の可能性があります。

高熱は3~4日続くわけですが、病院に行くとしても発疹がでてからでないと突発性発疹かどうかというのはわからないんです。

なので熱が出たら赤ちゃんの様子をしっかりと見るようにしましょう。
 
 
 

水分補給が大切

高熱を出していると、大人でもそうですが結構汗をかいてしまいます。

そのため水分が足りなくなってしまいますので、きちんと水分補給をするようにしてください。

麦茶や湯冷ましなどでOKです。
とりあえず高熱が出ているのなら

  • 衣服を一枚減らして涼しくする
  • 安静にする
  • 体力が奪われるので入浴は避ける
  • 汗はふいてあげる
  • 嫌がらないようならタオルなどで頭を冷やす

といったことをしてあげましょう。
 
 

安静にしよう

他の病気の可能性もありますので、熱が収まったら病院に行くことをおすすめします。

熱が収まった後に発疹が体全身に出てくるわけですが、これは薬がなくても治りますので安静にすることが重要です。
 
 
発疹がでてもかゆみ等はありませんし、跡が残るわけでもありませんので、特別な治療は必要ありません。

発疹自体はだいたい2、3日、長くても1週間で消えますので心配する必要はないでしょう。
 
 
 

小児科の準備も

一気に高熱がでて、それが収まったら発疹がでて終わる。

それだけを見ると正直別に放っておいてもいい病気じゃん!ともおもわれると思います。
 
 
確かに突発性発疹ならばそこまであわてたりする必要はありません。
ですがそれは突発性発疹と確実に分かっているならなんです。
 
 
「高熱がでる=突発性発疹」ではありませんので、赤ちゃんの様子をみて苦しんでいたり、高熱が5日以上続くようならば小児科を受診したほうがいいでしょう。

その時になってあわてても仕方がないので普段から受診する小児科を決めておくことをおすすめします。
 
 
 

こちらの関連記事も

赤ちゃんをお風呂に入れたら赤いポツポツが出来たときはこちら
お風呂に入れたときだけ赤いポツポツが出たという場合は、温度に問題があるかもしれません。