赤ちゃんのアトピーは見ていて本当に辛いです。
雑誌で見るような赤ちゃんの肌とは全然違い、ガサガサで程遠い状態。もちろん一番つらいのは赤ちゃん自身だとは思いますが、やっぱり親としても来る物があります。
 
アトピーに悩む人は多いですから、色々な対策方法が紹介されていますよね。
 
よくアトピーに使われるのがワセリン。
ワセリン自体はとっても肌に優しい成分で、アトピーにかぎらず赤ちゃんの肌荒れに悩む多くの方が使っています。
 
とはいってもあまりよくない感想もあるんですけどね・・・。
 
 
 

アトピーに何が効くかは難しいところ

ワセリンはよくないという意見も多い

基本的にワセリンは成分的に見て肌への刺激が少ないものになっています。肌が弱いアトピーの子でも使っているという人は多いです。
 
ですが一方でワセリン自体の特性が逆にアトピーをひどくさせてしまったという意見もあるんです。
ワセリンはお肌に水分を与えるというわけではなく、肌を覆って水分が蒸発しないようにしたり外からの刺激を守る役割があります。
 
水分が抜けないように覆ってくれるのは良いのですが、それにより今度は体の熱が外に逃げられなくなり、赤ちゃんがかゆみを強く感じるようになります。
 
アトピーとかゆみは切っても切り離せない関係。痒みがあるせいで赤ちゃんが自分の皮膚をボリボリと掻いてしまってアトピーはどんどんひどくなっていきます。アトピーにワセリンを使った悪くなった!という人がいるのはこのためです。
  
 

ステロイドと比べたら・・・

アトピーというとよく使われるのがステロイド。
正直ステロイドにはいい印象を持っていないママのほうが多いと思います。

ステロイドについては結構人によって意見が違うのが悩みどころ。いい意見もありますし悪い意見もあります。また素人の人が言う意見なら無視できますが、お医者さんの中でも意見が割れてる場合もあるので結構難しい問題です。
 
 
ただ、ステロイドの症状を抑える効果はとても助かるので、あまりにアトピーがひどいならステロイドを使ってあげるのも赤ちゃんのためかなと私は思います。
 
 
 

普段の乾燥対策はしっかりと

アトピーの対策のためにワセリンを使うのも肌を乾燥させないためです。ただワセリンの場合は蓋をしているだけなので、他に肌へ水分を与えるものが必要ですけど。
 
肌が乾燥してバリア機能が低下することでアトピーがひどくなるわけですから、保湿する際に必要なのはきちんと保湿力があるものです。
 
もちろん同時に肌に優しい成分じゃないとだめですけどね。いくら保湿力が高く立ってその保湿剤を塗って荒れてしまったら意味がありませんから。
 
>>赤ちゃん用の保湿剤!アトピーにおすすめなのは?
 

怪しい情報には注意!

アトピーはしっかりと大作をしているのよくならないということが多く、ママパパ達の精神にダメージを蓄積させます。
 
その結果藁をも掴む思いでよくわからない健康法に引っかかってしまう方が時々います。普通だったらこれはさすがに嘘でしょwwと思えるものが追い詰められちゃうと判断しづらくなるんですよね。
 
 
アトピーについてはきちんと調べてお医者さんの話も聞いて判断しましょう